③妊婦さんが虫歯になりやすい理由

“虫歯は誰しもがなるものです。
歯をきちんと磨かない人や、遺伝で虫歯になりやすい人、お子さんやお年寄り、そして妊婦の方です。
まず、虫歯とはどうしてなるのでしょうか。
歯をきちんと磨いて、歯垢(プラーク)を落としていればそんなすぐには虫歯にはなりません。
そう、磨き残しですね。
磨き残しで歯垢が残ってしまうと、その歯垢からばい菌が繁殖し、歯を溶かしてしまい、虫歯になってしまうのです。
かといってどんなけ歯磨きがうまい人でも必ず磨き残しはあります。
歯と歯の隙間なんかは、歯が邪魔で磨けない時もあります。
歯並びの悪い方は相当苦労すると思います。
なので定期的に歯医者さんで掃除や定期検診をしてもらった方がいいんですね。
歯医者では、普段の歯磨きでは取れない固くなって歯石になったものや、歯と歯の隙間の歯垢をとってくれます。
ですが、妊婦さんは赤ちゃんに影響があるかもしれないから歯医者に行けないと思ってる方が多いと思います。
なぜ、妊婦さんは虫歯になりやすいのでしょう。
それは、まずつわりなど体がしんどいときは歯磨きなんかしてられませんよね。
相当つわりがひどい方は歯磨きなんかに気が回りません。
なのでサボりがちになってしまい、出来やすいのも一つ。
また、ホルモンバランスの変化により、虫歯菌を増殖させてしまったり、唾液がいつもよりネバネバして、細菌が活動しやすくなるためです。
これはもう仕方がないですよね。
どうすることもできませんから。
では、妊婦の時に治療してもいいものなのかという疑問がでてくると思います。
レントゲンや麻酔などは赤ちゃんに悪影響だと思われてる方が多いです。
しかし、歯科で使っているレントゲンや麻酔などは影響を及ぼすほどの力はなく安心していいものです。
レントゲンからでる放射能は微量ですし、麻酔も悪影響を及ぼしません。
なので、虫歯ができたときや痛みがでてきたときはすかさず歯医者に行き、虫歯の治療をすることをオススメします。
妊娠初期のつわりがひどいときなどは、オススメしませんが妊娠中期に入れば安定期にもなっているので治療を受けれます。
しかし、1番はやはり妊娠前にすべての虫歯を治療することをオススメします。
やはり自分の子供となれば不安にもなりますし、1番安心ですね。
あと歯周病にになった妊婦さんは早産のリスクが普通の妊婦さんより7倍もあると言われているのでしっかり歯医者さんに見てもらいましょう。
歯周病はすぐ治るというものではないので若い頃から歯医者さんで見てもらっておいたほうが安心ですね。
北九州市の小倉北区にある坂口歯科・矯正歯科は歯周病や予防歯科などきちんとやってくださるので是非いってみてください。
歯は食事をするときに必要なものですから人にとってはかけがえのないものです。
虫歯を甘くみず、歯医者に行って自分の歯を大事にしてほしいですね。”

②妊婦が虫歯になりやすい理由

“北九州市小倉北区の歯医者では、妊婦の歯科検診を行っています。しかし、北九州市小倉北区の歯医者で、こういった妊婦の歯科検診を行う際には、虫歯が見つかることが多いです。また、以前から、妊婦は虫歯になりやすい、という話を聞くことがあります。
では、妊婦が虫歯になりやすいのはなぜなのでしょうか。
まず、北九州市小倉北区の歯医者では、妊婦の方の歯科治療を行うことが多いのですが、この際には、歯に汚れが付着していることが多いです。しっかりと磨き切れていなかったり、あるいは、口の中の状態が清潔に保たれていないことが多いのです。
北九州市小倉北区の歯医者では、こういった患者さんには歯磨き指導なども行うこともあります。しかし、妊婦が虫歯になりやすいのにはほかにも原因があるといえます。
妊婦の方の場合、妊娠をすると、悪阻などがあり、歯磨きができなくなってしまう方もいらっしゃいます。また、体調不良などが原因で、口の中が汚れていてもなかなかケアをすることができなかったり、定期的に北九州市小倉北区の歯医者などで、定期的な歯科検診を受けることができなかったりします。このため、虫歯になってしまっていても気づかないことがあるのです。
また、妊娠をするとほとんどの場合、貧血になりやすく、またカルシウム不足となることが多いです。妊娠中はおなかの中の胎児に、栄養が摂られてしまいます。このため、妊娠中にはカルシウムなどの、歯を作るための栄養素が不足してしまい、そのため、歯が弱くなってしまいがちです。
北九州市小倉北区の歯医者では、定期的に妊婦の歯科検診を行っていますが、それでも虫歯になってしまっている方を見かけることも多いようです。
妊娠中は、歯を磨くことは難しいこともあると思いますが、妊娠中には、できる歯科治療も限られてきます。このため、虫歯にならないように、しっかりとケアをすることが大切です。
また、北九州市小倉北区の歯医者では、歯科検診を行っています。妊婦の歯科検診などはしっかりと受けるようにして、歯の健康を守ることが必要となります。北九州市小倉北区の歯医者では、歯科治療などを始め、さらに虫歯になりにくいような歯磨き指導をしたり、スケーリングなどを行い、その他歯周病予防なども行っています。妊娠中から、北九州市小倉北区の歯医者などに通って、定期的に歯科治療を行ったり、ケアをすることで、出産後も虫歯のない歯にすることができるといえるでしょう。”

①親知らず治療とは

“親知らずは大体18歳ごろから生え始めてくる歯であり、上下左右の奥歯のさらに奥、人の歯の中でももっとも奥に生えてくるのが特徴です。
親知らずはおおむね20歳前後には生えそろう事が多いのですが、人によっては30歳ごろまで親知らずが生えそろわないケースもまれにあります。
親知らずはお口の中でも奥歯のさらに奥に位置している為、歯磨き時の歯ブラシが届きにくく歯垢がたまりやすい事から虫歯になりやすいという特徴があります。
今回は、「親知らず治療とは」について詳しくお話をさせていただきます。

■親知らず治療とは

親知らずは日本語で「親が亡くなる年齢のころに生えてくる歯」という意味があります。
しかしこれは江戸時代ごろまでの話で、昔は50歳が平均寿命でしたので、子どもが20歳になり親知らずが生えてくるころには親はもう亡くなってしまいこの世にいない為、このような名前が親知らずにつけられました。
また、英語では親知らずは「Wisdom Teeth(智歯)」と呼ばれますが、これは20歳ごろになり大人になってゆく子どもが徐々に生きる為に必要な智恵がつき始める年齢であるから、とされています。
そんな親知らずですが、親知らずは奥歯のさらに奥、人のお口の一番奥の部分に生えてくる事から歯磨きの際にも歯ブラシが届きにくく、歯垢がたまりやすい為虫歯になりやすいという特徴があります。
この為、親知らずはいったん虫歯になってしまうとブラッシングが出来ないという理由から虫歯が悪化しがちです。
虫歯になった親知らずは患者様の希望があれば通常の虫歯治療を行うケースもありますが、現在は抜歯という方法で親知らず自体を抜いてしまう歯医者も少なくありません。

■親知らずの抜歯は「口腔外科」の担当となるケースが多い

親知らずは歯の一番奥の部分に生えており、通常の麻酔が効きにくい事から親知らずを抜歯する時には「下顎孔伝達麻酔」という下顎の奥の深い部分に麻酔注射を行ってから親知らずの抜歯を行います。
また、親知らずの抜歯は「埋伏歯」という歯茎の中に親知らずが埋まって完全に生えていない状態や、歯茎からまったく親知らずが出てこないケースがあり、このようなケースでは歯茎を切開して親知らずを取り除く外科的手術を必要とする為、親知らずの治療は「口腔外科」を標榜している歯医者で行うのが通常となっています。

【北九州市小倉北区の歯医者や歯科が親知らず治療でおすすめの理由】

親知らず治療の分野では古くから北九州市小倉北区の歯医者や歯科が高い技術で知られています。
北九州市小倉北区の歯医者や歯科は北九州市小倉北区の歯医者や歯科に通う事が出来る地元の患者様はもちろんの事、北九州市小倉北区の歯医者や歯科の地元以外の地域の患者様も多く、北九州市小倉北区の歯医者や歯科へ遠方から足を伸ばして北九州市小倉北区の歯医者や歯科で親知らずの治療を受けるケースも多いです。
親知らずの治療は北九州市小倉北区の歯医者や歯科がおすすめです。”