⑬支台歯とは

“支台歯とは、ブリッジや義歯といった補綴物を支えるために使用される十分な過重負担能力を有する歯のことです。支台歯となる歯には、通常の歯以上の大きな咬合圧がかかってきますので、それに耐えうる強さをもった歯ということになります。
歯を失った場所に人工歯茎を含めた義歯をはめ込むことで歯の欠損などを補うブリッジは、その周囲の歯にバネ固定します。しかし、ばねを掛けた歯が数年でぐらつくようになってしまって、ばねを掛けた歯は抜けやすくなってしまうというデメリットがあります。ブリッジは周囲の歯が虫歯になりやすくなったり、噛み合わせが悪くなるといった短所もあるといわれています。
例えば、顎の骨が十分ある場合にはインプラント体を顎骨に埋入固定し、その上からかぶせ物をするインプラント治療なども選択することができます。顎骨に固定するので、ブリッジ治療のように周りの歯に負担をかけることなく噛めるようになります。
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科ではブリッジのような保険診療の治療だけでなく、インプラント治療のような自由診療の治療もおこなわれています。インプラントは入れ歯のように取り外しを行う必要がなく、違和感や異物感などもない治療法だと考えられています。北九州市小倉北区の歯医者では、インプラント治療は支台歯を傷つけることもなく、歯の根があるため自身の歯と同じように噛め、審美性も高い治療だと考えられています。インプラントは、メンテナンスをしっかり行うことで何十年ももちます。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科ではこのようなインプラント治療も行ってもらえる歯医者です。、
北九州市小倉北区の歯医者では、歯は削らない方がよく、歯を抜くことは避けたいことであると考えられています。そして、北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は、患者が心豊かに毎日を過ごせることを目ざした治療や予防が行われている歯医者で、できるだけ歯の異変を早期に発見することが大切であると考えられています。
支台歯とは、ブリッジや義歯といった補綴物を支えるために使用される十分な過重負担能力を有する歯のことで、支台歯となる歯には、過重負担に耐えうる強さをもった歯のことです。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科ではブリッジのような保険診療の治療が行われている北九州市小倉北区の歯医者です。また、インプラント治療のような自由診療の治療も行われている北九州市小倉北区の歯科です。

⑫歯がない人に起こること

“歯周病などで歯が抜けてなくなってしまうと噛み合わせがずれてきます。抜けてしまった歯のスペースに周りの歯が寄ってきたり、これまで噛み合っていた反対側の歯が噛み合う歯がなくなったために伸びてきたりします。そして全体的に噛み合わせの均衡が崩れ、噛み合わせが悪くなっていきます。そうすると、顎関節などにも影響します。いちど崩れてしまった歯並びの均衡を元に戻すためには、まず周りの歯を戻してからになります。また、歯医者で治療してもらっても、噛み合わせがずれたままになるということもありますので、歯周病の欠損歯の治療はブリッジやインプラントなどを用いて、歯があったところに人工歯を入れる選択がなされます。
ブリッジは亡くなった両脇の歯がしっかりとしている場合に、ブリッジを架けるるようにして義歯を固定します。そうすると欠損歯を補うことができます。しかし、ブリッジは数年すると義歯を支えている歯に負担がかかり、グラついてくるというデメリットもあります。
インプラントは、顎の骨が十分ある場合にはインプラント体を顎骨に埋入固定し、その上からかぶせ物をします。顎骨に固定するので、周りの歯に負担をかけることなく治療ができるため、注目されている治療法です。
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科はインプラント治療は入れ歯のように取り外しをする必要がなく、違和感や異物感、痛みなどがない治療法だと考えている北九州市小倉北区の歯医者です。入れ歯を止める止め具はなく、支台の歯を傷つけることもありません。根っこがあるので自身の歯と同じように噛め、見た目も自然です。また、メインテナンスをしっかり行うことで何十年も使うことができます。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科ではこのようなインプラント治療を行ってもらうことができます。、
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では、患者一人一人が快適な食生活を送ることができて、心豊かな毎日を過ごせることを目標にして治療や予防診療が行われています。北九州市小倉北区の歯医者では、歯は削らない方がよく、歯を抜くことは避けたいことであると考えられています。そして、これは発見が早ければ可能なのです。
歯周病は、自覚症状がなく進行する歯の代表的な疾患で、北九州市小倉北区の歯医者では歯周病の早期発見のために定期的な歯の検査が行われています。
このように、北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は、歯がなくなる前に、早めに異常を発見することでいつまでも自分の歯で噛めるということを目標として治療が行われている北九州市小倉北区の歯医者です。

⑦冷たいものや甘いものがしみるとき理由

“虫歯になると、冷たい水や飲み物が歯にふれるとキーンとした痛みを感じたり、甘いお菓子やジュースなどを食べたり飲んだりすると歯にしみるような感覚を覚える事があります。
これら「冷たい物」や「甘い物」がしみる現象は、「歯の中の温度」と密接に関係しています。
今回は「虫歯になった時に冷たい物や甘い物がしみるのはなぜ?」についてお答えいたします。

■冷たい物がしみるのは「歯の中の液体の流れが動き出すから」

冷たいアイスクリームや冷たい飲み物などを食べた時に、歯がキーンと痛んだりしみる事はよくあります。
この「冷たい食べ物や飲み物を食べたり飲んだりした際に歯がしみる現象」は、冷たい食べ物や飲み物が歯の表面に触れる事によって、常に36度前後に保たれている歯の内部の温度との差が生じて歯の中の圧力が変化して歯の中に通っている血液などの液体が移動してしまう事により歯の神経が刺激され、その結果「冷たくてしみる」という感覚を感じます。

■甘い物がしみる理由は「浸透圧の差」

では、甘いお菓子やジュースなど、甘い物が歯に触れるとしみるのはなぜでしょうか。
答えは、甘い食べ物は甘みを感じるまでかなり高濃度となるまで砂糖を使って作られている食べ物や飲み物が多く、高い濃度の甘い食べ物が歯に触れると歯の外側に触れた高濃度の甘い食べ物のせいで浸透圧に差が生じ、歯の中の血液などの液体が動く事により歯の神経を刺激してしみる、という感覚を覚えるのです。
食べ物や飲み物の浸透圧が高い場合に歯の内部の液体が動きしみる、という感覚を覚えるというメカニズムがある為、極度に塩辛い食べ物なども場合によっては高い浸透圧のせいで歯にしみる事があります。

■虫歯になると、さらに冷たい物や甘い物がしみるようになります

通常の虫歯ではない歯の場合でもこのように冷たい物や甘い物がしみる為、虫歯となって歯の神経が過敏な状態になっている場合にはさらに冷たい物や甘い物がしみるようになります。
虫歯にならなくても、知覚過敏などが原因で冷たい物がしみる事もあり、もし冷たい物や甘い物を食べたり飲んだりした時に耐えられないような痛みを感じる時には、なるべく早く歯医者での診察を受ける事をおすすめします。

【北九州市小倉北区の歯医者や歯科で虫歯治療をおすすめする理由】

北九州市小倉北区の歯医者や歯科では古くから虫歯予防や虫歯の治療に特に力を入れている北九州市小倉北区の歯医者や歯科が多い事で有名です。
北九州市小倉北区の歯医者や歯科で行われている虫歯治療は北九州市小倉北区の歯医者や歯科に通う事が出来る患者様はもちろんの事、他府県からも北九州市小倉北区の歯医者や歯科を訪れて治療を受けるほど、高い評判と支持を北九州市小倉北区の歯医者や歯科は獲得し続けています。
虫歯治療は北九州市小倉北区の歯医者や歯科で治療を受ける事をおすすめします。”