⑮歯科助手とは

“歯科助手は、北九州市小倉北区の医院でもスタッフとして活躍しています。歯科助手は医者の側でライト調整したり、必要な道具を事前に準備したり、バキュームで患者の口の中を吸引したりといった仕事を行っている役割の人たちです。
北九州市小倉北区でも、歯科助手は優しい笑顔で丁寧な対応を行いながら、患者を安心させることができるようにコミュニケーションをとったり、診療の現場をアシストするアシスタントといった役割があります。また、受付や会計、予約電話の対応なども行う、幅の広い仕事です。人と接することが好きな人に向いているといった仕事といえます。
患者は歯医者に行くのが怖いという人や、治療を受けるのが不安という人も少なくありません。歯科助手は、患者声をかけてリラックスできる雰囲気を作ったり、患者の緊張を治療前などにとったりするという役割を担い、歯医者にとっては欠かせない存在といえます。
北九州市小倉北区の歯医者でも歯科助手は医院スタッフとして活躍しています。虫歯の治療や抜歯などで、患者が不安をかかえている場合に、治療前にリラックスできるように声を掛けたり、治療後も次回の診察に安心して治療が受けられるように声をかけたりと、患者を励ましたり、現場をアシストする仕事が行われています。
歯科助手の仕事は全国各地で就職先を見つけやすいのも魅力の一つです。特別な資格や学歴はそれほどは必要とされてはおらず、未経験から可能となっている求人も少なくはありませんので、未経験からスタートすることも可能です。しかし、日本歯科医師会などが行う講習や講義を修了して資格認定を受けることで就職の際に大きく有利になることが多いといえます。北九州市小倉北区の歯医者でも重要な仕事だと考えられています。未経験からなることができ、北九州市小倉北区の歯医者でも正社員やパートやアルバイトで働いている人も多くいます。正社員の場合は年収が250~300万円くらい、パートやアルバイトは時給が900~2000円くらいが一般的です。
歯科助手は歯医者にとってはなくてはならないポジジョンで、北九州市小倉北区の歯医者でも医院のスタッフとして活躍しています。
北九州市小倉北区の歯医者も歯科助手がスタッフとして活躍し、虫歯の治療や抜歯などで、患者が不安をかかえている場合に、リラックスできるように声掛けしたり、患者を励ましたり、現場をアシストする仕事が行われている北九州市小倉北区の歯医者です。

⑮ファイバーコア、メタルコアについて

支台歯をつくるためには、土台を作らなければいけません。
土台の素材として昔から使われているメタルコア。新しい素材として出てきたファイバーコアがあります。
大きな違いとしては、金属が金属じゃないかです。
メタルコアの製作は、歯形取りをしたものに石膏を流し歯の形を起こし、それをもとに歯科技工士が製作していきます。
メタルコアのメリットは、保険で製作可能ということ。
多くの症例で使用可能ということ。だと思います。
デメリットは、硬い金属で作るためくさびの原理で歯が割れてしまうことがあります。
また、あまりにも深く長いメタルコアを使い歯の中に埋め込んでしまうと、再治療との時に除去困難になってしまい、治療が不可能になる可能性があります。
メタルコアを接着剤で歯につけた後、銀歯などを被せるために、形成し支台歯として完成させるのですが、削った金属の粉が歯茎に付着してしまい、歯茎を一部黒く(メタルタツー)させてしまうことがあります。
金属アレルギーの方にはは使えないこともあり、またオールセラミックなどを被せた時に下のメタルコアが透けてしまう可能性があります。

▼ファイバーコアのメリット
特殊な光で硬め作るものなので、歯科医院で部位によっては歯の中に直接製作可能なことがあります。
また、ファイナーポストという、テニスのラケットにも使われている特殊な繊維を中に入れることで、より頑丈にしつつもしなやかさをもたせ、強度を保つことができます。
金属アレルギーの方に使用可能です。
オールセラミックを被せた時にファイバーコアの色が白に近いため、オールセラミックを被せた時に色を邪魔することがありません。
メタルコアとは違い金属でできていないので、あまりにも大きな咬合圧や負荷が生じた時に、くさびの原理で歯が割れる心配が少なくなります。ファイバーコアが割れて歯の土台は守られ、再治療の可能性が広がります。
デメリットは、保険が利かないことがあり自費負担になることがあります。

▼歯科助手と歯科衛生士の違い。
大きな違いは、国家資格を所有しているかしていないかです。
歯科衛生士は、口腔内に手を入れることが可能ですが、歯科助手は口腔内に手を入れることはできません。
主に、受付作業や歯科衛生士歯科医師の補助をし治療を円滑に進めるための、大切な役割を担っています。
歯科助手を数年間続けたからといっても、歯科衛生士の受験資格は与えられません。
専門学校や大学で、必要な実技や講習を3年学ぶことで、受験資格を得ることができます。
歯科助手と歯科衛生士では、できることの近いが多くありますが、どちらも歯科医院にとっては必要な人材であり大切な存在です。
新人の歯科衛生士よりも、長年勤めている歯科助手の方が何倍も知識も経験もあり、患者様からの信頼を熱く得ていることも多々あります。
どの職種も素敵な仕事だと思います。”

⑭支台歯について

支台歯とは、虫歯で大きく歯を削ったり、何かしらの理由で歯を失ってしまい、その状態で銀歯やブリッジ等を被せられない時に、被せるための土台(コア)を作った歯のことを言います。
例えば、虫歯で歯の一部を失ってしまったりすると、虫歯の部分を取った後大きな虫歯であればあるほど、歯としてはもろくなっていきます。
また、歯の中には神経があり、神経には血管もあるため、その血管を通して歯に潤いを与え丈夫さを保っているのです。
しかし、虫歯が大きく神経をとらざるおえないこともあります。そうなると、神経がある歯に比べ、やはりどうしても弱くなってしまいます。
そこに、無理やり銀歯を被せたりすれば噛んだ時にかかる咬合圧により、歯が折れてしまったりします。そうなると、なんのために治したのかわからなくなってしまいます。
それを補い形成し出来上がったものを支台歯と言います。支台歯を作るもう1つのメリットは、綺麗に歯を再形成し直すので、無理な傾きを直したりすることは不可能ですが、多少の傾き程度なら、支台形成を行うことで若干の歯並びを治すことも可能になります。
歯科の矯正の中に、補綴矯正というものがありますが、歯を削り支台形成を行い、均等な並びの支台歯を数本作り被せることで、綺麗な歯並びを手に入れることも可能です。
しかし、虫歯もない綺麗な歯を削り補綴矯正をするのは、歯の寿命のことを考えてもお勧めはできないので、虫歯で数本前歯を直さなければいけなくなってしまったり、事故で前歯を折ったりなど、致し方なく歯を削らなければいけなくなった時に、そんな方法もあるんだと覚えておいても良いかもしれません。
また、支台歯に後々銀歯やブリッジを被せるので、支台歯形成をいかに綺麗にするかは、大切なところです。
段差があれば、そこから虫歯の再発のリスクが出てきたり、食べかすが詰まって歯肉炎を起こしたりもするため、いかに綺麗に形成するかは歯科医の腕の見せ所だと思われます。