入れ歯とは

入れ歯は、歯を失った場所に人工歯茎を含めた義歯をはめ込んで、周囲の歯にバネで固定する方法です。

入れ歯は保険でつくることができ、早期に安価に用意できるという点にメリットがあります。
また、健康な歯を削る量は非常に少ないといった点もメリットといえます。

しかし、お餅など歯にくっつきやすいものや噛めないものがあります。
また、天然歯が無くなっているために、顎骨が痩せやすくなるというデメリットがあります。さらに、周囲の歯に虫歯ができやすくなったり、噛みあわせが変化してしまうといったデメリットもあり、装着時に痛みなどが生じたりするなどの欠点もあります。 

しかし、入れ歯は、総入れ歯や部分入れ歯など、自身の歯の状態に応じて選ぶことができ、保険が適応できるものもあり、自費診療のものを希望することもでき、北九州市小倉北区の歯医者で様々な機能を備えた入れ歯から選択することができます。

金属のバネのないソフトな入れ歯はスマイルデンチャーとよばれます。スマイルデンチャーは見た目も自然なので入れ歯と判りません。さらに、素材は柔らかくて薄く、弾力性の高いナイロン樹脂なので、歯ぐきにぴったりと合います。

北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では、目立たず、丈夫で、噛めて、痛くないといった長所が多い、新しいタイプの入れ歯、スマイルデンチャーを作ってもらえる北九州市小倉北区の歯医者です。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科で取り扱われているスマイルデンチャーは、アメリカ食品医薬品局(FDA)から承認され、世界30ヵ国で広く使用されている入れ歯です。無味無臭で、人の体への悪影響もありません。歯ぐきを痛めない新しい入れ歯として北九州市小倉北区の歯医者では注目されています。さらに、スマイルデンチャーは従来の保険入れ歯の半分という軽さで、耐衝撃性は従来の義歯素材のレジン製入れ歯の約15倍ととても丈夫です。

スマイルデンチャーは自費診療となりますので、治療費用の負担が一部負担ではなく、10割の全額負担という点がデメリットといえます。しかし、従来の入れ歯ではアレルギーが心配な患者も、北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科でスマイルデンチャーを作ってもらえば、樹脂スーパーポリアミドが素材なのでアレルギーの心配がないといえます。
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は金属のバネのないソフトな入れ歯はスマイルデンチャーを作ってもらえる北九州市小倉北区の歯医者です。スマイルデンチャーは見た目も自然で、柔らかくて薄く、弾力性の高いナイロン樹脂素材でできています。そのため、歯ぐきにぴったりと合います。

入れ歯とは

入れ歯とは、高齢者の方がつけると思っている方が多いと思います。
人は老いれば健康を維持するのも大変なのでそう思う方が多いのは仕方ありません。

ですが、若い方でも虫歯が進行しすぎて手遅れになり歯を抜かなければいけない、
また、事故かなにかで歯を失ってしまい入れ歯を着用しなくてはいけない方もいらっしゃいます。

入れ歯とはなにかを説明していきたいと思います。

まず、虫歯が進行し、歯を抜くしか方法がなくなって歯の数が少なくなってきた人は必ず歯医者で勧められます。
歯がないと食事もできませんからね。
一本や二本ない方はかぶせものを繋げたブリッジというものをつけることができるのですが、全体的に歯が弱っている方はブリッジをつけるのも無理なときがあります。
そんなときに勧められるのが入れ歯や、部分入れ歯です。
みなさんは、入れ歯をつければ食事ができると思っていませんか?
そんなことはありません。
自分の歯に比べれば入れ歯は4分の1しか力を発揮できません。入れ歯を作れば歯医者さんでも必ず説明されます。
つければ必ずしも食事できるというわけではないのです。
大きい入れ歯をつければ口の中に異物が入るので吐き気に襲われますし、硬いものを噛めば歯茎が傷つき噛むたびに痛みが走ったりなどいろいろデメリットはあります。
しかし、歯茎で物を食べるよりかはましです。
慣れてくれば違和感もなくなってきます。
しかしあくまでも食事をするときに補助をしてくれる道具だと思いを頭に入れとかなければなりません。
急に総入れ歯にしてしまうと使うことをやめてしまう方が多いので、歯の数が少なくなってきたら慣れの意味も込めて早めに入れ歯を作ったほうがいいと思います。
部分入れ歯の方が楽で慣れやすいですしね。
まあ虫歯を放置しないことが一番ですけど。
最初に言いましたが、入れ歯には二種類あります。
総入れ歯と部分入れ歯。
総入れ歯は全てが人工の歯ということですね。
上は上顎を覆いかぶさるような形になっているのですごく気持ち悪いです。
嘔吐反射がある方は確実につけることは難しいでしょう。
そして、右と左で均等に噛まなければ割れてしまったり、歪んだりどちらかの歯茎が傷ついたりと問題も多く出てきます。
それに比べて部分入れ歯は両方の端っこに針金がついていてその針金を自分の歯に引っ掛けて外れにくくするという形です。
こちらは範囲が小さいためあまり痛みもでないですし、慣れるのが早いと思います。
しかし、針金がついているので硬いものを噛むと針金が折れてしまったりして飲み込んだり、口の中が傷ついたりしてしまうので要注意です。
壊れた入れ歯はすぐにかかりつけの歯医者さんで直してもらうか、新しいものを作り直しましょう。
最近は高いですがインプラントというものがでてきたので気になる方は歯医者で説明を受けるのもありかもしれないですね。
北九州市の小倉北区にある坂口歯科・矯正歯科ではきちんとメリット、デメリットの説明もしてくれますし、いい歯医者です。
歯医者にいくのはこわいかもしれませんが、早め早めの治療が大事ですね。”

予防歯科とは

“北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科では、歯は削れば削るほど弱くなっていき、治療をすればするほど虫歯の再発リスクは高くなるといわれています。せっかく治療した歯なので長く、快適に活用するために、北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科では、3~6ヶ月毎の定期的メンテナンスが行われています。

日本人の70代の人の残存歯数は約16.5本といわれています。この数は、欧米の70代の人が約21本の歯が残っているといわれるのに対して少ないといえます。

この差は日本人が治療に歯医者に行くのに対し、欧米人は予防のために歯医者に行く人が多いという、歯医者に行くことに対する習慣の違いといえます。欧米では、治療ではなく予防に重点が置かれているという予防歯科の考え方が一般的となっており、子の差が数字に表れているといえます。

北九州市小倉北区の歯医者では、予防歯科の目的は口の健康を生涯維持して美しい歯を育てることだと考えられています。小さな子どもであれば、虫歯が1本もない口の環境をつくることができ、成人ならば、治療部分の再発の予防と新たな虫歯や歯周病の進行や口臭などの予防です。北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科はそのような考え方が診療に取り入れられている北九州市小倉北区の歯医者で、予防的な診療に基づく定期検診などが実施されています。

といっても、毎日歯磨きをしていてもセルフケアでは虫歯の原因のバイオフィルムやお茶、コーヒー、タバコなどからでる歯の汚れを完全には取り除くことはできません。

北九州市小倉北区の歯医者では正しいセルフケアと、定期的なプロの予防ケアが自然で美しい歯を育てると考えられています。北九州市小倉北区の歯医者では歯科衛生士などによる定期的なプロケアを受けることができ、一人一人の患者に応じて、歯や歯ぐきの状態による歯磨き指導などが定期的に受けられます。

医院は歯が痛くなったら行くところではなく、虫歯や歯周病を予防するために積極的に訪れるところであるという考え方が浸透しています。虫歯や歯周病にならないために、健康で美しい歯の手入れのためにも、より積極的に歯医者を利用することが大切であるといえます。

歯は一度失うと二度と生えませんし、削れば削るほど弱くなっていきいます。治療をすればするほど虫歯の再発リスクも高くなるといわれ、いつまでも健康な歯でいるために、歯を治療する前に、予防に努めることが大切であると北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科では考えられています。