埋伏歯(まいふくし)とは

“埋伏歯(まいふくし)とは、どういったものなのか?という質問を北九州市小倉北区の歯医者の歯科医師に質問される方は非常に多いといわれています。北九州市小倉北区の歯医者では、歯科医師により、埋伏歯の抜歯治療、また虫歯治療などを行うことが多いです。そこで、こちらの埋伏歯とはどういった歯を指すのでしょうか。
まず、埋伏歯とは、歯の中に埋まってしまっており、その一部だけが歯茎の上に出ていて、完全に見えていない歯を埋伏歯と呼んでいます。こちらの埋伏歯は、一部だけ隠れていたり、また半分だけ隠れている場合なども埋伏歯と呼びますが、半分隠れている埋伏歯の場合には、半埋伏歯、と呼ぶことがあります。
埋伏歯の場合、歯茎の奥に隠れているため、北九州市小倉北区の歯医者でも、歯科医師に、虫歯にならないのではないか?と質問される方もいらっしゃいます。
しかし、実際のところ、北九州市小倉北区の歯医者でも、埋伏歯が虫歯になってしまい、歯科治療を受けているというケースは多いです。これはなぜでしょうか。
まず、埋伏歯の場合でも、歯と歯茎の間には、隙間がある状態となります。こちらの隙間からは、食べかす、また虫歯菌などが入り込みやすく、またこれらの食べかすは、歯磨きで完全に撮れないことが多いのです。
また、北九州小倉北区の歯医者では、こちらの埋伏歯の周辺が歯周病になってしまっており、歯科治療の際に、歯周病治療を行うことも多いです。これは、歯と歯茎の隙間から、細菌が入り込んでしまい、そして歯茎が腫れあがってしまうのです。
また、埋伏歯は通常の奥歯が埋伏していることもありますが、北九州市小倉北区の歯医者では、親知らずの歯科治療に来られる方も多いです。親知らずが、埋伏しており、その歯を抜いてほしい、という方も多いのです。
こういった埋伏した親知らずは、痛みがあることも多く、また親知らずが虫歯になってしまう可能性があります。このため、北九州市小倉北区の歯医者で、歯科医師により、親知らずを抜歯してもらったほうが良いケースがあります。
しかし、北九州市小倉北区の個人の歯医者でも、歯科医師によっては、抜歯ができないケースがあります。これは、奥の方に親知らずがあり、メスで切り開かないと抜歯ができないケースの場合が多いです。
この場合、北九州小倉北区で、埋伏歯を抜歯することができる歯医者を紹介してもらう形になりますが、多くの場合歯科口腔外科などで抜歯することが多いです。”

智歯周囲炎とは

“智歯は親知らずのことです。親知らずを放置しておくと痛くなったり腫れるという症状が出てくることがあります。親知らずの生え方が完全でなかったり、斜めに生えてしまって、歯が完全に萌出してこないために起こります。完全に萌出しない場合には、食べかすが親知らずの周囲の歯ぐきにつきやすくなって、歯茎の親知らずの周囲が細菌感染してしまいます。そうなると、炎症が起こった状態になります。歯ぐきの周囲が腫れると、物を噛んだりした時に痛みがあります。歯ぐきから膿などが出てくるようにもなり、食べ物を飲み込む時などにも痛みます。
さらに進行すると顎下や頬が腫れてきます。この時点で歯医者で適切な処置をしなければ骨膜炎などになることもあります。このような炎症反応は、歯ぐきの状態を検査します。
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では歯科用レントゲンで歯の萌えてきた方向を調べたり、発熱の有無や、血液検査などをを通して炎症の症状について検査が行われます。
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では3次元デジタルCTを導入し、従来の2次元の平面画像では診断では得られることが難しかった情報を正確に得ることができるようになりました。これまでは確認が難しかった箇所についても診断が容易になりました。
親知らずの治療は、歯ぐきのまわりを洗浄して清潔にし、抗菌薬の投与などが行われます。膿があれば切開して処置します。症状がなくなったあとは原因となった親知らずを抜歯して再発が起こらない状態にします。
しかし、全ての患者で骨膜炎などの症状が見られ、親知らずは歯医者で抜かなければならないと北九州市小倉北区の歯医者では考えられているわけではありません。悪影響を及ぼさない親知らずもあり、そのような場合は北九州市小倉北区の歯医者では残しておくという選択がされる場合もあります。
しかし、親知らずを抜いたほうがいいという場合には北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は、抜歯時に痛みをできるだけ感じない方法で抜歯してもらえる北九州市小倉北区の歯医者です。親知らずの抜歯は痛いというイメージがあるようですが、抜歯の際には麻酔が用いられており痛みを感じることはほとんどないと北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科では述べられています。
智歯は親知らずのことで、放置しておくと痛くなったり腫れるという症状が出てくることがあります。北九州市小倉北区の歯医者は痛みをできるだけ感じない方法で対処してもらえます。

埋伏歯とは

“埋伏歯は歯が萌生する時が過ぎても、歯の全部又は一部分が歯ぐきの下や顎骨の中に埋ったままの状態で、生えてこない歯のことです。埋伏歯は、1つまたは多数歯が同時に埋伏しているものがあり、歯医者での埋伏歯の治療は、噛み合わせ調整や抜歯などの措置が選択されます。しかし、他の歯に影響を与えないのであれば経過観察になる場合もあります。噛み合わせ調整は、周囲の歯に悪影響を与える場合に抜歯という形で行われたり、また、歯医者で埋伏歯の歯冠の一部を露出させたり、歯を牽引誘導することで、正しい位置に移動させるための治療が行われることもあります。骨の深い位置に埋伏している歯は経過観察を続けたりします。
多くの埋伏歯の原因は、乳歯が早期に抜けてしまったり、逆に歯が抜けずに残ったり、顎骨が十分発育せず、永久歯の生えてくる場所が不足しているといった、歯と顎骨のアンバランスによって生じるといわれています。永久歯には上下の親知らずや三大臼歯、小臼歯などが不正咬合の原因歯となると北九州市小倉北区の歯医者では考えられています。
このような埋伏歯をの治療で、抜歯などがある場合には北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は、抜歯時の痛みができるだけ少ないように抜歯してもらえる北九州市小倉北区の歯医者です。埋伏歯は痛いというイメージがありますが、北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は、抜歯の際には、ジェル状の表面麻酔を塗ってから、さらに麻酔針刺入時は摩擦によって生じる痛みを軽減するために、極細タイプの麻酔針が使用されている北九州市小倉北区の歯医者です。
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は丁寧で痛くない診療を提供し、患者一人ひとりの最適治療を行ってもらえる北九州市小倉北区の歯医者です。そのため、埋伏歯の治療もできるだけ痛みを感じないで行ってもらうことができます。
歯が生えてくる時期になっても、歯の全部または一部分が歯ぐきの下や顎骨の中に埋まった状態で、出てこない歯を埋伏歯とよびます。歯医者での埋伏歯の治療には様々な方法がありますが、北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では、抜歯する際には、患者ができるだけ治療を安心して受けられるよう、できるだけ痛みの少ない方法で治療を行ってもらえますので、埋伏歯があることで炎症などが起きてしまて、違和感があったりつらい思いをしているなら早めに歯科を受診してみましょう。