①親知らず治療とは

“親知らずは大体18歳ごろから生え始めてくる歯であり、上下左右の奥歯のさらに奥、人の歯の中でももっとも奥に生えてくるのが特徴です。
親知らずはおおむね20歳前後には生えそろう事が多いのですが、人によっては30歳ごろまで親知らずが生えそろわないケースもまれにあります。
親知らずはお口の中でも奥歯のさらに奥に位置している為、歯磨き時の歯ブラシが届きにくく歯垢がたまりやすい事から虫歯になりやすいという特徴があります。
今回は、「親知らず治療とは」について詳しくお話をさせていただきます。

■親知らず治療とは

親知らずは日本語で「親が亡くなる年齢のころに生えてくる歯」という意味があります。
しかしこれは江戸時代ごろまでの話で、昔は50歳が平均寿命でしたので、子どもが20歳になり親知らずが生えてくるころには親はもう亡くなってしまいこの世にいない為、このような名前が親知らずにつけられました。
また、英語では親知らずは「Wisdom Teeth(智歯)」と呼ばれますが、これは20歳ごろになり大人になってゆく子どもが徐々に生きる為に必要な智恵がつき始める年齢であるから、とされています。
そんな親知らずですが、親知らずは奥歯のさらに奥、人のお口の一番奥の部分に生えてくる事から歯磨きの際にも歯ブラシが届きにくく、歯垢がたまりやすい為虫歯になりやすいという特徴があります。
この為、親知らずはいったん虫歯になってしまうとブラッシングが出来ないという理由から虫歯が悪化しがちです。
虫歯になった親知らずは患者様の希望があれば通常の虫歯治療を行うケースもありますが、現在は抜歯という方法で親知らず自体を抜いてしまう歯医者も少なくありません。

■親知らずの抜歯は「口腔外科」の担当となるケースが多い

親知らずは歯の一番奥の部分に生えており、通常の麻酔が効きにくい事から親知らずを抜歯する時には「下顎孔伝達麻酔」という下顎の奥の深い部分に麻酔注射を行ってから親知らずの抜歯を行います。
また、親知らずの抜歯は「埋伏歯」という歯茎の中に親知らずが埋まって完全に生えていない状態や、歯茎からまったく親知らずが出てこないケースがあり、このようなケースでは歯茎を切開して親知らずを取り除く外科的手術を必要とする為、親知らずの治療は「口腔外科」を標榜している歯医者で行うのが通常となっています。

【北九州市小倉北区の歯医者や歯科が親知らず治療でおすすめの理由】

親知らず治療の分野では古くから北九州市小倉北区の歯医者や歯科が高い技術で知られています。
北九州市小倉北区の歯医者や歯科は北九州市小倉北区の歯医者や歯科に通う事が出来る地元の患者様はもちろんの事、北九州市小倉北区の歯医者や歯科の地元以外の地域の患者様も多く、北九州市小倉北区の歯医者や歯科へ遠方から足を伸ばして北九州市小倉北区の歯医者や歯科で親知らずの治療を受けるケースも多いです。
親知らずの治療は北九州市小倉北区の歯医者や歯科がおすすめです。”