⑥プロケアとセルフケアとは

“日本の70歳代の人の残存歯数は約17本といわれています。一方、欧米の70代の人は約21本の歯があるといわれています。日本の70歳代の人の残存歯数は約半分になっているということを表します。
この差は日本人が治療に歯医者に行くのに対して欧米では予防に歯医者に行く人が多いという、歯医者に対する考え方の違いが現れているといえます。欧米では日本の逆で、治療ではなく予防に重点が置かれているという予防歯科の考え方が普及しています。北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科はそのような考え方が診療に取り入れられている北九州市小倉北区の歯医者です。
歯は削れば削るほど弱くなっていき、治療をすればするほど虫歯の再発リスクは高くなるといわれています。せっかく治療した歯なので長く、快適に活用するために、北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科は、3~6ヶ月毎の定期的なメインテナンスが効果的だと考えられている北九州市小倉北区の医者です。
北九州市小倉北区の歯医者では、予防歯科の目的は口の健康を生涯維持して美しい歯を育てることだと考えられています。小さな子どもなら、虫歯が1本もない口の環境をつくることができ、成人なら、治療した部分が再発を予防して、新たな虫歯や歯周病の進行や口臭などを防ぐことができます。
しかし、毎日歯磨きをしていても、セルフケアでは虫歯の原因のバイオフィルムやお茶・コーヒー・タバコなどの汚れは完全には取り除けません。北九州市小倉北区の歯医者では正しいセルフケアと、定期的なプロケアが将来の口腔環境を守り、自然で美しい歯を育てると考えられています。北九州市小倉北区の歯医者では歯科衛生士などによる定期的なプロケアを受けることができます。
一人一人に応じ、歯や歯ぐきの状態を診てもらって、歯磨き指導などが定期的に受けられます。
欧米では虫歯や歯周病を予防するために積極的に歯医者が活用されています。歯科医院は歯が痛くなったら行くところではなく、虫歯や歯周病にならないために、健康で美しい歯の手入れのために利用するところです。日本人と欧米人の残存歯の違いはこのような歯科医院に対する考え方の違いによってもたらされているといえます
歯は一度失うと二度と生えてきません。また、歯は削れば削るほど弱くなっていき、治療をすればするほど虫歯の再発リスクは高くなるといわれています。ずっと健康な歯でいたい場合は、歯を治療する前に、予防に努めることが大切であると北九州市小倉北区の歯医者では考えられています。