⑫歯がない人に起こること

“歯周病などで歯が抜けてなくなってしまうと噛み合わせがずれてきます。抜けてしまった歯のスペースに周りの歯が寄ってきたり、これまで噛み合っていた反対側の歯が噛み合う歯がなくなったために伸びてきたりします。そして全体的に噛み合わせの均衡が崩れ、噛み合わせが悪くなっていきます。そうすると、顎関節などにも影響します。いちど崩れてしまった歯並びの均衡を元に戻すためには、まず周りの歯を戻してからになります。また、歯医者で治療してもらっても、噛み合わせがずれたままになるということもありますので、歯周病の欠損歯の治療はブリッジやインプラントなどを用いて、歯があったところに人工歯を入れる選択がなされます。
ブリッジは亡くなった両脇の歯がしっかりとしている場合に、ブリッジを架けるるようにして義歯を固定します。そうすると欠損歯を補うことができます。しかし、ブリッジは数年すると義歯を支えている歯に負担がかかり、グラついてくるというデメリットもあります。
インプラントは、顎の骨が十分ある場合にはインプラント体を顎骨に埋入固定し、その上からかぶせ物をします。顎骨に固定するので、周りの歯に負担をかけることなく治療ができるため、注目されている治療法です。
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科はインプラント治療は入れ歯のように取り外しをする必要がなく、違和感や異物感、痛みなどがない治療法だと考えている北九州市小倉北区の歯医者です。入れ歯を止める止め具はなく、支台の歯を傷つけることもありません。根っこがあるので自身の歯と同じように噛め、見た目も自然です。また、メインテナンスをしっかり行うことで何十年も使うことができます。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科ではこのようなインプラント治療を行ってもらうことができます。、
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では、患者一人一人が快適な食生活を送ることができて、心豊かな毎日を過ごせることを目標にして治療や予防診療が行われています。北九州市小倉北区の歯医者では、歯は削らない方がよく、歯を抜くことは避けたいことであると考えられています。そして、これは発見が早ければ可能なのです。
歯周病は、自覚症状がなく進行する歯の代表的な疾患で、北九州市小倉北区の歯医者では歯周病の早期発見のために定期的な歯の検査が行われています。
このように、北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は、歯がなくなる前に、早めに異常を発見することでいつまでも自分の歯で噛めるということを目標として治療が行われている北九州市小倉北区の歯医者です。