⑬支台歯とは

“支台歯とは、ブリッジや義歯といった補綴物を支えるために使用される十分な過重負担能力を有する歯のことです。支台歯となる歯には、通常の歯以上の大きな咬合圧がかかってきますので、それに耐えうる強さをもった歯ということになります。
歯を失った場所に人工歯茎を含めた義歯をはめ込むことで歯の欠損などを補うブリッジは、その周囲の歯にバネ固定します。しかし、ばねを掛けた歯が数年でぐらつくようになってしまって、ばねを掛けた歯は抜けやすくなってしまうというデメリットがあります。ブリッジは周囲の歯が虫歯になりやすくなったり、噛み合わせが悪くなるといった短所もあるといわれています。
例えば、顎の骨が十分ある場合にはインプラント体を顎骨に埋入固定し、その上からかぶせ物をするインプラント治療なども選択することができます。顎骨に固定するので、ブリッジ治療のように周りの歯に負担をかけることなく噛めるようになります。
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科ではブリッジのような保険診療の治療だけでなく、インプラント治療のような自由診療の治療もおこなわれています。インプラントは入れ歯のように取り外しを行う必要がなく、違和感や異物感などもない治療法だと考えられています。北九州市小倉北区の歯医者では、インプラント治療は支台歯を傷つけることもなく、歯の根があるため自身の歯と同じように噛め、審美性も高い治療だと考えられています。インプラントは、メンテナンスをしっかり行うことで何十年ももちます。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科ではこのようなインプラント治療も行ってもらえる歯医者です。、
北九州市小倉北区の歯医者では、歯は削らない方がよく、歯を抜くことは避けたいことであると考えられています。そして、北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は、患者が心豊かに毎日を過ごせることを目ざした治療や予防が行われている歯医者で、できるだけ歯の異変を早期に発見することが大切であると考えられています。
支台歯とは、ブリッジや義歯といった補綴物を支えるために使用される十分な過重負担能力を有する歯のことで、支台歯となる歯には、過重負担に耐えうる強さをもった歯のことです。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科ではブリッジのような保険診療の治療が行われている北九州市小倉北区の歯医者です。また、インプラント治療のような自由診療の治療も行われている北九州市小倉北区の歯科です。