⑧虫歯の原因、場所、症状

ラクトバチラス菌とは、約10種ある虫歯菌の一種で、ミュータント菌が虫歯を作り、ラクトバチラス菌がそこに住み、虫歯を大きくします。ラクトバチラス菌の特徴としては、強い酸を作る、つるつるした面で生活できない、糖を分解し、酸を産出し歯質を脱灰します。また、酸素の有無に関係なく生存でき、虫歯を進行させる細菌です。ラクトバチラスは、深い虫歯があったり、口の中の清掃状態が悪かったり、糖分を大量に摂取すると増えます。自然界に広範囲に分布していて、人間では、主に、腸やぷ口の中にいます。ラクトバチラス菌は、つるつるした状態では生存できず、何らかの溝があると、生存できます。ラクトバチラス菌はプラーク(バイオフィルム)の幕の中にいます。そのため、プラークを除去し、歯ブラシをきちんとやり、適度な詰め物をするとほぼ0になります。福岡県北九州市小倉北区の坂口歯科、矯正歯科はでは、予防歯科に力をいれており、口の中を清潔にする、プラークの除去などを行い、さらに、超音波を用いて痛み,不快さがなくても、かなり虫歯を防ぐことができるようになりました。坂口歯科、矯正歯科の患者様への5つの約束は、子供さんに夢明るい未来を作る、痛くない治療、徹底した衛生管理、地域に愛される医院づくり、最新、最良の技術を習得することです。坂口歯科、矯正歯科では、CTレントゲンを導入しているので、虫歯を見つけることが簡単に、正確になりました。また、坂口歯科、矯正歯科では、顕微鏡で細菌を調べ治療に役立てています。坂口歯科、む矯正歯科では、高周波治療を行い、1秒間で51万回高周波照射をやることで、細胞内へ酸素や栄養を運び、老廃物や炭酸ガスなどの不要物を排出させます。この作用で、治療の促進や痛みの緩和に役立てています。坂口歯科、矯正歯科では、痛みのない治療、残っている歯を長持ちさせる、きれいな歯並びにする、白くて健康な歯にする、といった希望、理想を叶えよることを、目的にしています。また、坂口歯科、矯正歯科では、嫌がるを無理矢理、治療はしません。嫌がると歯科嫌いになり、歯科での歯のクリーニングを嫌がる結果、歯ブラシだけ予防する結果、虫歯が増えることになるからです。坂口歯科、予防歯科は虫歯を治療するときは、痛くない麻酔を行い、削る箇所をできるだけ少なくし、かぶせる物のの種類は、、患者にまかせています。また、電気メスを使うことにより、傷の治癒が早い、殺菌力があるようになりました。
 虫歯のできるところ
虫歯は、奥歯の上のかみ合わせ部分。ここは、かすが溜まりやすく、プラークを作りやすい。 歯と歯茎の接目部と隣接部分。歯の面の隅にあるため、正しい歯磨き方をしないと、汚れが溜まる。歯のかみ合わせの溝。かみ合わせには、溝があり、溝は複雑な形になっているため、汚れが溜まりやすく、奥歯へ歯ブラシが届きにくいため、奥歯のかみ合わせ面の溝は、虫歯になりやすい。歯と歯の間。歯ブラシだけでは十分に取れきれなく,坂口歯科、矯正歯科では、歯間ブラシやデンタルフロスなども使用をすすめる。奥歯の頬側には、かみ合わせのような溝が虫歯になりやすい。 耳の前方に耳下腺という唾液を分泌する大きな線があるため、うえの奥歯の外側は、いつも、唾液で洗われ、内側は、外側に比べると、流れが劣る、下の奥歯は、上とは逆で、外側より内側のほうが舌の動きも手伝って、唾液でよく洗われるので虫歯が少ない。 下の前歯の下には、唾液を分泌する大きな腺があって、何らかの刺激がなくてもいつも唾液が出る。逆に、上の前歯は、唾液のながれがあまりないので、虫歯になりやすい。坂口歯科矯正歯科では、予防歯科を行うことで、それらを未然に防ぎます。坂口鹿矯正歯科では、ししゅうごょうよぼうしま”

⑨冷たいものや甘いものがしみるときの理由
“冷たいものや甘いものがしみるという時には、原因として考えられるのが虫歯と知覚過敏です。虫歯も知覚過敏もしみたり痛いといった症状があります虫歯は、虫歯菌の出す酸で歯が溶かされていきます。知覚過敏は歯の表面にあるエナメル質が歯ぎしりなどが原因ですり減ったり欠けたりすることで象牙質が露出し、冷たいものや甘いもので神経が刺激されて違和感がでます。
そのため歯医者で適切な処置を行ってもらうことが必要になります。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は、このような症状に対し、虫歯になった部分を削りとって歯科用レジンを詰めて治療するという軽い虫歯の治療から、根管治療による歯科処置などまで、できるだけ歯を抜かない、痛まない治療を進めてもらえる北九州市小倉北区の歯医者です。
虫歯になっても、削って治療をすればよくなると考えている人もいるでしょう。しかし、歯は治療すればだんだんと悪化の一途をたどります。口の中は想像以上に過酷な環境に置かれているのです。冷たいものや熱いものが入ってきて、硬いものを噛むので歯と歯が激しくぶつかり合ったりしています。そのため、どうしても歯と詰め物や被せ物の間に、目で確認できないほど小さな隙間が生じやすくなります。そこから虫歯菌が侵入して、虫歯が再発することがあります。一度、治療した歯を再治療する場合、以前よりも虫歯が広がっていることになるため、治療時にはさらに大きく歯を削る必要があるといえます。
こうした再治療サイクルが繰り返されて、最終的には削る歯もなくなっていきます。そうなると抜歯をしなければならず、インプラントや入れ歯治療というように進んでいきます。
そのため、北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科ではいかに歯を削る量を少なくするかが、患者のお口の健康を守る使命と考えています。
この北九州市小倉北区の歯医者は痛みの少ない北九州市小倉北区の歯科です。北九州市小倉北区の歯医者では、患者の歯を守るトータルなお口の管理をしてもらえます。
また、知覚過敏の場合は、歯周病や加齢によって歯茎が下がってきて歯根が露出し、しみるようになります。また、歯医者で歯石を取ってもらった後や、歯茎の炎症が改善して歯茎が下がったことでもしみるようになります。
虫歯や歯周病はよぽど進行しなければ症状が出ず、症状が出てからでは手遅れの場合もあります。北九州市小倉北区の歯医者は歯磨きだけでは虫歯や歯周病は予防しきれないため、歯をなるべく長持ちさせるための毎日のケアの指導もしてもらえる北九州市小倉北区の歯科医です。