⑩オフィスホワイトニングとは?

“オフィスホワイトニングとは、歯医者で行われるホワイトニングです。オフィスホワイトニングはホワイトニング薬剤を歯の表面に塗布し、光を当てて歯を白くする治療です。一度の施術で目に見える効果を得ることができ、光照射によってホワイトニング薬剤の浸透効果を高めて、即効性のある治療を行うことができます。そのため、短期間で歯を白くしたい人におすすめの方法です。個人差はありますが、希望の白さになるまでには2、3回ほど通院する必要があると言われています。
オフィスホワイトニングは、人前に出ることが多い人やコーヒーやワインを良く飲む人、歯の黄ばみが気になる人や喫煙習慣がある人などにおすすめです。
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科ではこのようなオフィスホワイトニングを行ってもらえる歯医者です。
歯のくすみはコーヒーなどの成分が沈着したステインが原因で起こります。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は、歯の本来の美しさを取り戻すために分割ポリリン酸によるホワイトニングが行われている北九州市小倉北区の歯医者です。歯が黄ばむ原因になっているステインと歯の間に、分割ポリリン酸が入り込むことで、歯についているステインを効率的に除去して、輝くほどの美しい歯をよみがえらせてくれます。
さらに分割ポリリン酸は歯をコーティングすることで汚れが付着しにくくしてくれます。分割ポリリン酸は研磨剤や漂白剤フリーなので安心して使えます。さらに、分割ポリリン酸はカルシウムを結合させる効果があるので、口の中で歯を強化する働きもあります。そのことで、歯肉が減ってきて象牙質がカバーされずに冷たいものなどが歯がしみるという知覚過敏を改善する効果もあるといわれています。知覚過敏の原因には歯周病などがありますので、分割ポリリン酸にはホワイトニング効果だけでなく歯周病や虫歯予防の効果まであるといえます。
分割ポリリン酸にの知覚過敏改善効果は、歯をコーティングすることで歯周病の症状対策にもなるということといえます。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では、このような分割ポリリン酸を用いたオフィスホワイトニングをしてもらうことができる北九州市小倉北区の歯科です。
このように、北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は、歯の本来の美しさを取り戻すために分割ポリリン酸を用いたホワイトニングを行っている北九州市小倉北区の歯医者で、歯をコーティングすることで歯周病の症状対策にも効果的な治療実践が行われている北九州市小倉北区の歯医者です。