⑪セラミックとは?

“北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科ではメタルフリー治療がすすめられています。日本は、ほとんどの歯科治療を保険で受けることができます。しかし、北九州市小倉北区の歯医者では、保険診療では治療に用いることができる素材に制限があって、虫歯治療ではほとんどの場合、金属が用いられていることが指摘されています。
保険診療は患の費用負担は少なくてすみます。しかし、金属が用いられることが多く、患者にとっての肉体面や精神面の負担という点でデメリットが報告されているのも否定できず、北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科ではそのようなデメリットを考え、アレルギーなどの患者の肉体への負担をできるだけ軽減できる治療法としてメタルフリー治療が提案されています。
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では、金属を使用することの最も大きなデメリットは金属アレルギーを引き起こす可能性があるということ考えられています。保険診療で用いられる金銀パラジウム合金やニッケルクロム合金は金属アレルギーの発症リスクがあります。また、自由診療で用いられるコバルトクロムやチタンなどもアレルギーが起こる可能性がゼロではありませんので、金属アレルギーが心配な場合は、非金属性素材であるセラミックを治療に用いることがすすめられています。例えば、ジルコニアセラミックは、内面に高い強度のジコルニアという素材が使われており、外面は自然な歯と同じくらいの白い輝きをもつという点でも人気のある素材です。
セラミック素材の詰め物にした場合、保険診療の詰めものに比べても機能面でのデメリットはないといわれています。しかし、耐久性や健康面、審美性といった点で大きなメリットがあります。体の健康という点でセラミックは金属アレルギーの症状の心配がありません。金属系の詰め物は、金属イオンが口の中で溶け出します。口から溶け出した金属イオンが体の中にも入って蓄積され、ある日突然アレルギーを引き起こすということが知られています。
そのため、北九州市小倉北区の歯医者では金属アレルギーのある人はメタルフリー治療がすすめられています。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科ではセラミックなどの非金属素材が治療に使用されている北九州市小倉北区の歯医者で、口の中が赤くなったり、口とは関係のない体の表面の皮膚にかゆみが生じたりしない素材を用いて治療が行われている北九州市小倉北区の歯医者です。