⑯根管治療の重要性

“根管治療は虫歯が歯髄に到達した状態の歯の治療時に用いられる治療法です。北九州市小倉北区の歯医者では根管治療は治療の基礎となるとても重要な治療で、歯の寿命を決めるほどの大切な治療と考えられています。そのため、根管治療は丁寧に適切に行われる必要があります。根管治療が十分でないまま上に被せものをしても、根管内に炎症が起こって、結局、再度治療が必要となったり、最悪の場合にはせっかく治療したのに抜歯が必要になったりしてしまいます。
虫歯で歯髄が細菌感染してしまい、歯髄炎を起こしたり、歯がしみて痛みなどが生じてくると、神経をとる必要性がでてきてしまいます。
治療は、麻酔後に虫歯になっている部分を削り、歯の神経を露出させます。そして、歯の神経を取り除く抜髄と呼ばれる治療を行います。その後、神経があった空洞を薬剤で充填して、根管充嗔を行います。その場合、歯の根の先までしっかりと薬剤を入れる処置を歯医者でしてもらうことが重要になります。もし根管治療が不適切であったり、歯根が割れていた場合には、根管内に細菌感染が起こってしまい感染根管となります。そうなると、急に歯茎の腫れが起こったり、ひどい痛みが生じ、副鼻腔などの炎症につながる場合もあります。そのため、北九州市小倉北区の歯医者では歯医者で行われる根管治療は治療の基礎となるとても重要な治療だとされています。
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科はできるだけ痛くない診療を心がけている北九州市小倉北区の歯医者です。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では患者一人ひとりに最適な治療を行うことを大切にし、できるだけ痛くない診療が提供されています。そのため、痛くない歯医者を探しているなら北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科はおすすめです。
歯科ではいかに歯を削る量を少なくするかが、患者のお口の健康を守る上で大切だと考えています。そして、歯を削る量を最小限に抑える工夫がなされ、口腔内環境がある程度整ったら虫歯治療が行われています。
虫歯の治療時の麻酔を行う際にもジェル状の表面麻酔を行ってから、麻酔針は刺入時の摩擦を軽減するために極細タイプのものが使用されています。北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科は丁寧で痛くない診療を提供し、患者一人ひとりに最適な治療が行われている北九州市小倉北区の歯医者で、根管治療はその歯の寿命を決める大切な治療であると考えられています。