スケーラーとは

“スケーラーはデンタルスケーラーのことで、歯医者での主に歯石除去のために用いられる歯科用器具のことをいいます。スケーラーを用いる治療にはスケーリングやルートプレーニング、歯周ポケット掻爬などがあります。
歯周病になると、歯肉や歯根膜や歯槽骨歯などの歯周組織が口の中の細菌によって破壊されていきます。歯周病の大きな特徴として、痛みなく進行することから、知らない間に重症化してしまうということが挙げられます。 歯周病は、口腔内の細菌の慢性的な感染によって起こり、細菌は歯垢を形成して、やがて石灰化を起こし歯石形成がなされます。
口の中の細菌をすべて除去することは困難なため、歯垢や歯石を除去することが一般的な治療法とされています。歯医者で行われる治療法には様々あり、北九州市小倉北区の歯医者ではスケーラを用いて歯の周りの歯石を除去する方法がよく行われています。
スケーラーには手動タイプと超音波タイプのものがあり、超音波タイプのスケーラーは超音波振動で歯肉縁上の歯面についた歯石などの沈着物の除去ができます。
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では小児歯科、矯正歯科、予防歯科、ホワイトニングを含めた審美歯科や訪問診療なども幅広く対応しています。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科でも歯周病は、多く人がかかっている病気で、初期段階では自覚症状がなく、重症になってから気がつく場合が大半となっています。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では、虫歯治療を行う前に歯石を除去し、マッサージをかねたブラッシングを行いって歯ぐきからの出血を減らすようにされています。北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科ではスケーラーを用い、歯垢や歯石を除去するスケーリングを行ってもらうことができます。
北九州市小倉北区の歯医者でも、日本人が持つ歯科医院のイメージは歯が痛くなったら行くところというイメージを持つ人が多くなっています。欧米の予防歯科先進国では、歯医者は虫歯や歯周病にならないために、健康で美しい歯の手入れに利用するところという考え方をしている人が多く、この点を比較すると北九州市小倉北区でも歯医者に対する考え方が大きく違っているといえます。その結果、70歳での平均残存歯数に日本と欧米では大きな差が出ています。
歯は一度失うと二度と生えてくることはありません。北九州市小倉北区では、患者がずっと健康な自分の歯で美味しい食事ができるように予防歯科にも力を入れています。