入れ歯とは

入れ歯とは、高齢者の方がつけると思っている方が多いと思います。
人は老いれば健康を維持するのも大変なのでそう思う方が多いのは仕方ありません。

ですが、若い方でも虫歯が進行しすぎて手遅れになり歯を抜かなければいけない、
また、事故かなにかで歯を失ってしまい入れ歯を着用しなくてはいけない方もいらっしゃいます。

入れ歯とはなにかを説明していきたいと思います。

まず、虫歯が進行し、歯を抜くしか方法がなくなって歯の数が少なくなってきた人は必ず歯医者で勧められます。
歯がないと食事もできませんからね。
一本や二本ない方はかぶせものを繋げたブリッジというものをつけることができるのですが、全体的に歯が弱っている方はブリッジをつけるのも無理なときがあります。
そんなときに勧められるのが入れ歯や、部分入れ歯です。
みなさんは、入れ歯をつければ食事ができると思っていませんか?
そんなことはありません。
自分の歯に比べれば入れ歯は4分の1しか力を発揮できません。入れ歯を作れば歯医者さんでも必ず説明されます。
つければ必ずしも食事できるというわけではないのです。
大きい入れ歯をつければ口の中に異物が入るので吐き気に襲われますし、硬いものを噛めば歯茎が傷つき噛むたびに痛みが走ったりなどいろいろデメリットはあります。
しかし、歯茎で物を食べるよりかはましです。
慣れてくれば違和感もなくなってきます。
しかしあくまでも食事をするときに補助をしてくれる道具だと思いを頭に入れとかなければなりません。
急に総入れ歯にしてしまうと使うことをやめてしまう方が多いので、歯の数が少なくなってきたら慣れの意味も込めて早めに入れ歯を作ったほうがいいと思います。
部分入れ歯の方が楽で慣れやすいですしね。
まあ虫歯を放置しないことが一番ですけど。
最初に言いましたが、入れ歯には二種類あります。
総入れ歯と部分入れ歯。
総入れ歯は全てが人工の歯ということですね。
上は上顎を覆いかぶさるような形になっているのですごく気持ち悪いです。
嘔吐反射がある方は確実につけることは難しいでしょう。
そして、右と左で均等に噛まなければ割れてしまったり、歪んだりどちらかの歯茎が傷ついたりと問題も多く出てきます。
それに比べて部分入れ歯は両方の端っこに針金がついていてその針金を自分の歯に引っ掛けて外れにくくするという形です。
こちらは範囲が小さいためあまり痛みもでないですし、慣れるのが早いと思います。
しかし、針金がついているので硬いものを噛むと針金が折れてしまったりして飲み込んだり、口の中が傷ついたりしてしまうので要注意です。
壊れた入れ歯はすぐにかかりつけの歯医者さんで直してもらうか、新しいものを作り直しましょう。
最近は高いですがインプラントというものがでてきたので気になる方は歯医者で説明を受けるのもありかもしれないですね。
北九州市の小倉北区にある坂口歯科・矯正歯科ではきちんとメリット、デメリットの説明もしてくれますし、いい歯医者です。
歯医者にいくのはこわいかもしれませんが、早め早めの治療が大事ですね。”