歯周病とは

歯周病は歯科疾患の一つで、歯周病は歯の周りの骨が溶けて、最終的に歯が抜けてしまう疾患です。歯周病は静かなる病気とよばれ、症状がないままに進行し、痛みや歯の揺れが出て気づくころには重症になっていることが多く、初期の段階で適切な治療を行えば進行を止められる病気でもあると北九州市小倉北区の歯医者では考えられています。

ある研究では、残存歯の数と生涯の医療費には関連性があるという関係性が見つかりました。残存歯が多いと生涯医療費が少なくなる傾向があり、この理由としては、歯周病が全身性疾患と関連性があることが挙げられています。歯周病があると、そうでない人よりも心臓病や脳梗塞などの全身性の疾患リスクが高まり、糖尿病や脳卒中のリスクを高くするのです。
歯科医療の充実で口の中が健康に保たれると、内科や脳外科などの医科などの総医療費を下げる効果が高く、歯周病で歯がグラついている患者は他の病気にかかっている傾向も高く、歯周病にかかっていない患者は体の他の部分も比較的健康で、年間総医療費に大きな差が生まれるということでした。

超高齢社会の毎年1兆円ずつ増え続けている医療費の削減のためには、歯科医療の充実が不可欠といわれています。若い人でも歯周病対策に力を入れることで、将来的な循環器系や内分泌系疾患の予防につながります。北九州市小倉北区の歯医者でも、医科の医療費削減効果もある歯周病の予防に力を入れて取り組みがなされています。

毎日歯磨きをしていても、セルフケアでは歯垢を完全に取り除くことはできないといわれています。北九州市小倉北区の歯医者では正しいセルフケアと、定期的なプロケアが将来の口腔環境を守り、自然で美しい歯を育てるのであると考えられています。北九州市小倉北区の歯医者では、予防歯科に力を入れ、歯科衛生士による定期的なプロのケアメンテナンスを受けることができます。

北九州市小倉北区の歯医者では歯の定期検診時に、一人一人に応じて歯や歯ぐきの状態を診て、歯磨き指導などを行っています。

ずっと健康な歯でいたい場合は、歯を治療する前に、予防に努めることが大切であると北九州市小倉北区の歯医者では考えられています。

歯科医院は歯が痛くなったら行くところではなく、虫歯や歯周病にならないために行くところで、北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は、歯周病について予防歯科の観点から取り組みがなされている北九州市小倉北区の歯医者です。