むし歯の進行度について

“虫歯は冷たい物や甘い物がしみるようになったり、何をしていなくても痛みを感じるようになってから初めて歯医者を訪れる患者様が多いのですが、虫歯は痛みを歯に感じない場合もあり、進行具合によっては痛みを通り越して歯の神経が死滅した状態となるケースもあります。
今回は、「虫歯の進行度について」詳しくご説明をさせていただきます。

■虫歯は「C0」から「C4」までの進行度に分類されます

虫歯は初期の虫歯である「C0」から神経が虫歯に侵され歯の上部がぼろぼろに崩れ落ちた「C4」までの分類があり、これらの進行度合いによって虫歯の治療方法も異なります。
初期の虫歯である「C0」の段階ではまだ歯の表面物質であるエナメル質に茶色いシミが出来ている状態であり、歯に黒い穴が認められない状態です。
「C0」の段階の初期の虫歯では歯を削る治療は行わず、虫歯を予防する薬剤を塗布するなどして様子を見ます。
「C1」の状態になると歯の表面を覆っているエナメル質に黒い穴が開き、冷たい物や甘い物が徐々にしみるようになってきます。
「C1」の状態の虫歯治療は歯を少し削り、削った箇所にインレーと呼ばれる金属製の詰め物を詰めたり、硬質レジンという歯科用のプラスチックを詰めて治療を行います。
「C2」の状態では歯の表面物質であるエナメル質の下にある象牙質にまで虫歯が到達し、痛みを感じる機能を持つ象牙質が虫歯におかされる事でより強く痛みを感じるようになり、食べ物を食べたり飲み物を飲まなくても歯が痛む事もあります。
「C2」の虫歯治療は「C1」の時と同じ詰め物による治療を行いますが、「C2」の虫歯治療の方が「C1」よりも詰め物の深さや大きさが大きくなる事があります。
「C3」の状態になると、象牙質の大部分は虫歯によっておかされてしまい、歯の神経が通っている部分である歯髄にまで虫歯が到達します。
歯髄に虫歯が到達してしまうと常に強い痛みを歯に感じるようになります。
「C3」の状態の虫歯の治療は歯を削る治療に加えて歯の神経を抜く抜髄という治療を行い、場合によっては歯の根の掃除を行う治療である根管治療を行う事もあります。
「C3」の虫歯治療を行った場合には詰め物ではなく、クラウンと呼ばれる金属製やセラミック製のかぶせ物を使って治療を行います。
「C4」まで虫歯が進行してしまうと、歯の上部部分はほとんど崩れ落ちてしまい、歯の中を通る神経も死滅した状態になり痛みを感じなくなります。
「C4」の虫歯は歯の神経が通る歯髄や歯の根っこが虫歯におかされ死滅している状態ですので治療は不可能となり、抜歯により歯を抜く事となります。

【虫歯は悪化する前に北九州市小倉北区の歯医者や歯科で治療を】

北九州市小倉北区の歯医者や歯科では虫歯予防と治療に力を入れている北九州市小倉北区の歯医者や歯科が多い事で知られています。
北九州市小倉北区の歯医者や歯科では他院の歯医者で治療が上手く進まなかった患者様が転院して北九州市小倉北区の歯医者や歯科で治療を受け、虫歯やその他のお口の症状が治った、というケースも少なくありません。
北九州市小倉北区の歯医者や歯科で虫歯治療を受けた患者様は再び北九州市小倉北区の歯医者や歯科で治療を受けるなどリピート率が高く、全国の歯科関係者から北九州市小倉北区の歯医者や歯科は注目を集めています。”