むし歯ができるまで

“虫歯は人のお口の中にひそんでいる虫歯菌である「ミュータンス菌」という細菌が原因となって引き起こされます。
ミュータンス菌は人の歯に虫歯を引き起こす虫歯の原因菌であり、ミュータンス菌が出す酸によって虫歯を発症します。
今回は、ミュータンス菌が人の歯に虫歯を引き起こすメカニズムや、「虫歯が出来るまで」について詳しくお話をさせていただきます。

■虫歯が出来るまで

人が食べる食べ物の中でも、特にご飯やパン類、麺類やじゃがいもなどの炭水化物や、甘い砂糖を使ったお菓子や清涼飲料水に含まれている糖質を特に虫歯の原因菌であるミュータンス菌は好んで食べます。
この糖質をエネルギー源としてミュータンス菌はお口の中で活動し、酸を出して歯の表面物質であるエナメル質やその下にある象牙質という物質を溶かしてしまいます。
これが、虫歯が出来る仕組みです。

■ミュータンス菌が虫歯の穴を作り、ラクトバチルス菌が虫歯の穴を大きくします

虫歯は歯の表面に付着した糖質を含むプラークをエネルギー源として活動している虫歯菌のミュータンス菌とラクトバチルス菌によって引き起こされます。
ミュータンス菌は歯を成分であるリンやカルシウムを溶かして「脱灰(だっかい)」という状態にしてしまい、歯に穴を開けます。
ミュータンス菌が開けた歯の穴は、乳酸菌であるラクトバチルス菌という細菌が虫歯の穴をどんどん深く大きくしていってしまいます。
ミュータンス菌が虫歯の穴を開け、乳酸菌のラクトバチルス菌が虫歯の穴を大きく深くしてゆく事で虫歯は進行してゆきます。

■虫歯はセルフケアとプロケアの両方で予防しましょう

虫歯はこのように歯の表面に付着した歯垢であるプラークを放置する事で発症しやすくなるという特徴があります。
この為、日ごろから自宅での歯磨きによるブラッシングを中心としたセルフケアを行い、セルフケアと合わせて歯のプロフェッショナルである歯医者で定期的に歯の健康診断を受けるなど、セルフケアとプロケアの両方を心がける事で虫歯になる確率を下げる事が可能となります。

【予防歯科は北九州市小倉北区の歯医者や歯科へ】

虫歯を未然に防ぐ予防歯科の分野では、以前から北九州市小倉北区の歯医者や歯科が行っている予防歯科が有名です。
北九州市小倉北区の歯医者や歯科で行っている予防歯科は子どもから大人、高齢者の方まで幅広い年齢層の患者様に対応している北九州市小倉北区の歯医者や歯科が多いのが特徴です。
北九州市小倉北区の歯医者や歯科には地元の患者様はもちろんの事、他府県から北九州市小倉北区の歯医者や歯科を訪れて予防歯科や虫歯治療を受ける患者様も少なくありません。
北九州市小倉北区の歯医者や歯科で適切な予防歯科や虫歯治療を受け、北九州市小倉北区の歯医者や歯科が行う治療で歯を健康な状態に保つ事をおすすめします。”