埋伏歯とは

“埋伏歯は歯が萌生する時が過ぎても、歯の全部又は一部分が歯ぐきの下や顎骨の中に埋ったままの状態で、生えてこない歯のことです。埋伏歯は、1つまたは多数歯が同時に埋伏しているものがあり、歯医者での埋伏歯の治療は、噛み合わせ調整や抜歯などの措置が選択されます。しかし、他の歯に影響を与えないのであれば経過観察になる場合もあります。噛み合わせ調整は、周囲の歯に悪影響を与える場合に抜歯という形で行われたり、また、歯医者で埋伏歯の歯冠の一部を露出させたり、歯を牽引誘導することで、正しい位置に移動させるための治療が行われることもあります。骨の深い位置に埋伏している歯は経過観察を続けたりします。
多くの埋伏歯の原因は、乳歯が早期に抜けてしまったり、逆に歯が抜けずに残ったり、顎骨が十分発育せず、永久歯の生えてくる場所が不足しているといった、歯と顎骨のアンバランスによって生じるといわれています。永久歯には上下の親知らずや三大臼歯、小臼歯などが不正咬合の原因歯となると北九州市小倉北区の歯医者では考えられています。
このような埋伏歯をの治療で、抜歯などがある場合には北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は、抜歯時の痛みができるだけ少ないように抜歯してもらえる北九州市小倉北区の歯医者です。埋伏歯は痛いというイメージがありますが、北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は、抜歯の際には、ジェル状の表面麻酔を塗ってから、さらに麻酔針刺入時は摩擦によって生じる痛みを軽減するために、極細タイプの麻酔針が使用されている北九州市小倉北区の歯医者です。
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は丁寧で痛くない診療を提供し、患者一人ひとりの最適治療を行ってもらえる北九州市小倉北区の歯医者です。そのため、埋伏歯の治療もできるだけ痛みを感じないで行ってもらうことができます。
歯が生えてくる時期になっても、歯の全部または一部分が歯ぐきの下や顎骨の中に埋まった状態で、出てこない歯を埋伏歯とよびます。歯医者での埋伏歯の治療には様々な方法がありますが、北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では、抜歯する際には、患者ができるだけ治療を安心して受けられるよう、できるだけ痛みの少ない方法で治療を行ってもらえますので、埋伏歯があることで炎症などが起きてしまて、違和感があったりつらい思いをしているなら早めに歯科を受診してみましょう。