智歯周囲炎とは

“智歯は親知らずのことです。親知らずを放置しておくと痛くなったり腫れるという症状が出てくることがあります。親知らずの生え方が完全でなかったり、斜めに生えてしまって、歯が完全に萌出してこないために起こります。完全に萌出しない場合には、食べかすが親知らずの周囲の歯ぐきにつきやすくなって、歯茎の親知らずの周囲が細菌感染してしまいます。そうなると、炎症が起こった状態になります。歯ぐきの周囲が腫れると、物を噛んだりした時に痛みがあります。歯ぐきから膿などが出てくるようにもなり、食べ物を飲み込む時などにも痛みます。
さらに進行すると顎下や頬が腫れてきます。この時点で歯医者で適切な処置をしなければ骨膜炎などになることもあります。このような炎症反応は、歯ぐきの状態を検査します。
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では歯科用レントゲンで歯の萌えてきた方向を調べたり、発熱の有無や、血液検査などをを通して炎症の症状について検査が行われます。
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では3次元デジタルCTを導入し、従来の2次元の平面画像では診断では得られることが難しかった情報を正確に得ることができるようになりました。これまでは確認が難しかった箇所についても診断が容易になりました。
親知らずの治療は、歯ぐきのまわりを洗浄して清潔にし、抗菌薬の投与などが行われます。膿があれば切開して処置します。症状がなくなったあとは原因となった親知らずを抜歯して再発が起こらない状態にします。
しかし、全ての患者で骨膜炎などの症状が見られ、親知らずは歯医者で抜かなければならないと北九州市小倉北区の歯医者では考えられているわけではありません。悪影響を及ぼさない親知らずもあり、そのような場合は北九州市小倉北区の歯医者では残しておくという選択がされる場合もあります。
しかし、親知らずを抜いたほうがいいという場合には北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は、抜歯時に痛みをできるだけ感じない方法で抜歯してもらえる北九州市小倉北区の歯医者です。親知らずの抜歯は痛いというイメージがあるようですが、抜歯の際には麻酔が用いられており痛みを感じることはほとんどないと北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科では述べられています。
智歯は親知らずのことで、放置しておくと痛くなったり腫れるという症状が出てくることがあります。北九州市小倉北区の歯医者は痛みをできるだけ感じない方法で対処してもらえます。