埋伏歯(まいふくし)とは

“埋伏歯(まいふくし)とは、どういったものなのか?という質問を北九州市小倉北区の歯医者の歯科医師に質問される方は非常に多いといわれています。北九州市小倉北区の歯医者では、歯科医師により、埋伏歯の抜歯治療、また虫歯治療などを行うことが多いです。そこで、こちらの埋伏歯とはどういった歯を指すのでしょうか。
まず、埋伏歯とは、歯の中に埋まってしまっており、その一部だけが歯茎の上に出ていて、完全に見えていない歯を埋伏歯と呼んでいます。こちらの埋伏歯は、一部だけ隠れていたり、また半分だけ隠れている場合なども埋伏歯と呼びますが、半分隠れている埋伏歯の場合には、半埋伏歯、と呼ぶことがあります。
埋伏歯の場合、歯茎の奥に隠れているため、北九州市小倉北区の歯医者でも、歯科医師に、虫歯にならないのではないか?と質問される方もいらっしゃいます。
しかし、実際のところ、北九州市小倉北区の歯医者でも、埋伏歯が虫歯になってしまい、歯科治療を受けているというケースは多いです。これはなぜでしょうか。
まず、埋伏歯の場合でも、歯と歯茎の間には、隙間がある状態となります。こちらの隙間からは、食べかす、また虫歯菌などが入り込みやすく、またこれらの食べかすは、歯磨きで完全に撮れないことが多いのです。
また、北九州小倉北区の歯医者では、こちらの埋伏歯の周辺が歯周病になってしまっており、歯科治療の際に、歯周病治療を行うことも多いです。これは、歯と歯茎の隙間から、細菌が入り込んでしまい、そして歯茎が腫れあがってしまうのです。
また、埋伏歯は通常の奥歯が埋伏していることもありますが、北九州市小倉北区の歯医者では、親知らずの歯科治療に来られる方も多いです。親知らずが、埋伏しており、その歯を抜いてほしい、という方も多いのです。
こういった埋伏した親知らずは、痛みがあることも多く、また親知らずが虫歯になってしまう可能性があります。このため、北九州市小倉北区の歯医者で、歯科医師により、親知らずを抜歯してもらったほうが良いケースがあります。
しかし、北九州市小倉北区の個人の歯医者でも、歯科医師によっては、抜歯ができないケースがあります。これは、奥の方に親知らずがあり、メスで切り開かないと抜歯ができないケースの場合が多いです。
この場合、北九州小倉北区で、埋伏歯を抜歯することができる歯医者を紹介してもらう形になりますが、多くの場合歯科口腔外科などで抜歯することが多いです。”