埋伏歯(まいふくし)とは

“埋伏歯(まいふくし)とは、どういったものなのか?という質問を北九州市小倉北区の歯医者の歯科医師に質問される方は非常に多いといわれています。北九州市小倉北区の歯医者では、歯科医師により、埋伏歯の抜歯治療、また虫歯治療などを行うことが多いです。そこで、こちらの埋伏歯とはどういった歯を指すのでしょうか。
まず、埋伏歯とは、歯の中に埋まってしまっており、その一部だけが歯茎の上に出ていて、完全に見えていない歯を埋伏歯と呼んでいます。こちらの埋伏歯は、一部だけ隠れていたり、また半分だけ隠れている場合なども埋伏歯と呼びますが、半分隠れている埋伏歯の場合には、半埋伏歯、と呼ぶことがあります。
埋伏歯の場合、歯茎の奥に隠れているため、北九州市小倉北区の歯医者でも、歯科医師に、虫歯にならないのではないか?と質問される方もいらっしゃいます。
しかし、実際のところ、北九州市小倉北区の歯医者でも、埋伏歯が虫歯になってしまい、歯科治療を受けているというケースは多いです。これはなぜでしょうか。
まず、埋伏歯の場合でも、歯と歯茎の間には、隙間がある状態となります。こちらの隙間からは、食べかす、また虫歯菌などが入り込みやすく、またこれらの食べかすは、歯磨きで完全に撮れないことが多いのです。
また、北九州小倉北区の歯医者では、こちらの埋伏歯の周辺が歯周病になってしまっており、歯科治療の際に、歯周病治療を行うことも多いです。これは、歯と歯茎の隙間から、細菌が入り込んでしまい、そして歯茎が腫れあがってしまうのです。
また、埋伏歯は通常の奥歯が埋伏していることもありますが、北九州市小倉北区の歯医者では、親知らずの歯科治療に来られる方も多いです。親知らずが、埋伏しており、その歯を抜いてほしい、という方も多いのです。
こういった埋伏した親知らずは、痛みがあることも多く、また親知らずが虫歯になってしまう可能性があります。このため、北九州市小倉北区の歯医者で、歯科医師により、親知らずを抜歯してもらったほうが良いケースがあります。
しかし、北九州市小倉北区の個人の歯医者でも、歯科医師によっては、抜歯ができないケースがあります。これは、奥の方に親知らずがあり、メスで切り開かないと抜歯ができないケースの場合が多いです。
この場合、北九州小倉北区で、埋伏歯を抜歯することができる歯医者を紹介してもらう形になりますが、多くの場合歯科口腔外科などで抜歯することが多いです。”

智歯周囲炎とは

“智歯は親知らずのことです。親知らずを放置しておくと痛くなったり腫れるという症状が出てくることがあります。親知らずの生え方が完全でなかったり、斜めに生えてしまって、歯が完全に萌出してこないために起こります。完全に萌出しない場合には、食べかすが親知らずの周囲の歯ぐきにつきやすくなって、歯茎の親知らずの周囲が細菌感染してしまいます。そうなると、炎症が起こった状態になります。歯ぐきの周囲が腫れると、物を噛んだりした時に痛みがあります。歯ぐきから膿などが出てくるようにもなり、食べ物を飲み込む時などにも痛みます。
さらに進行すると顎下や頬が腫れてきます。この時点で歯医者で適切な処置をしなければ骨膜炎などになることもあります。このような炎症反応は、歯ぐきの状態を検査します。
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では歯科用レントゲンで歯の萌えてきた方向を調べたり、発熱の有無や、血液検査などをを通して炎症の症状について検査が行われます。
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では3次元デジタルCTを導入し、従来の2次元の平面画像では診断では得られることが難しかった情報を正確に得ることができるようになりました。これまでは確認が難しかった箇所についても診断が容易になりました。
親知らずの治療は、歯ぐきのまわりを洗浄して清潔にし、抗菌薬の投与などが行われます。膿があれば切開して処置します。症状がなくなったあとは原因となった親知らずを抜歯して再発が起こらない状態にします。
しかし、全ての患者で骨膜炎などの症状が見られ、親知らずは歯医者で抜かなければならないと北九州市小倉北区の歯医者では考えられているわけではありません。悪影響を及ぼさない親知らずもあり、そのような場合は北九州市小倉北区の歯医者では残しておくという選択がされる場合もあります。
しかし、親知らずを抜いたほうがいいという場合には北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は、抜歯時に痛みをできるだけ感じない方法で抜歯してもらえる北九州市小倉北区の歯医者です。親知らずの抜歯は痛いというイメージがあるようですが、抜歯の際には麻酔が用いられており痛みを感じることはほとんどないと北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科では述べられています。
智歯は親知らずのことで、放置しておくと痛くなったり腫れるという症状が出てくることがあります。北九州市小倉北区の歯医者は痛みをできるだけ感じない方法で対処してもらえます。

埋伏歯とは

“埋伏歯は歯が萌生する時が過ぎても、歯の全部又は一部分が歯ぐきの下や顎骨の中に埋ったままの状態で、生えてこない歯のことです。埋伏歯は、1つまたは多数歯が同時に埋伏しているものがあり、歯医者での埋伏歯の治療は、噛み合わせ調整や抜歯などの措置が選択されます。しかし、他の歯に影響を与えないのであれば経過観察になる場合もあります。噛み合わせ調整は、周囲の歯に悪影響を与える場合に抜歯という形で行われたり、また、歯医者で埋伏歯の歯冠の一部を露出させたり、歯を牽引誘導することで、正しい位置に移動させるための治療が行われることもあります。骨の深い位置に埋伏している歯は経過観察を続けたりします。
多くの埋伏歯の原因は、乳歯が早期に抜けてしまったり、逆に歯が抜けずに残ったり、顎骨が十分発育せず、永久歯の生えてくる場所が不足しているといった、歯と顎骨のアンバランスによって生じるといわれています。永久歯には上下の親知らずや三大臼歯、小臼歯などが不正咬合の原因歯となると北九州市小倉北区の歯医者では考えられています。
このような埋伏歯をの治療で、抜歯などがある場合には北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は、抜歯時の痛みができるだけ少ないように抜歯してもらえる北九州市小倉北区の歯医者です。埋伏歯は痛いというイメージがありますが、北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は、抜歯の際には、ジェル状の表面麻酔を塗ってから、さらに麻酔針刺入時は摩擦によって生じる痛みを軽減するために、極細タイプの麻酔針が使用されている北九州市小倉北区の歯医者です。
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は丁寧で痛くない診療を提供し、患者一人ひとりの最適治療を行ってもらえる北九州市小倉北区の歯医者です。そのため、埋伏歯の治療もできるだけ痛みを感じないで行ってもらうことができます。
歯が生えてくる時期になっても、歯の全部または一部分が歯ぐきの下や顎骨の中に埋まった状態で、出てこない歯を埋伏歯とよびます。歯医者での埋伏歯の治療には様々な方法がありますが、北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では、抜歯する際には、患者ができるだけ治療を安心して受けられるよう、できるだけ痛みの少ない方法で治療を行ってもらえますので、埋伏歯があることで炎症などが起きてしまて、違和感があったりつらい思いをしているなら早めに歯科を受診してみましょう。

虫歯の治し方

軽い虫歯の場合には、虫歯になったところを削って、そこに詰めものをします。しかし、虫歯が歯髄まで進行してしまった比較的、進行性の高い虫歯を治療する時には。根管治療が必要となります。根管治療は治療の基礎となるとても重要な治療で、歯の寿命を決めるほどの大事な治療であると北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科では根管治療の重要性について考えられています。

そのため、根管治療は丁寧に適切に行われる必要があります。根管治療が十分でないまま上に被せものをしても、根管内に炎症が起こってしまえば、結局、再度治療が必要となります。そして、最悪の場合にはせっかく治療した歯を抜歯する必要が生じたりしてしまいます。

治療は、麻酔後に虫歯になっている部分を削り、歯の神経を露出させます。

そして、歯の神経を取り除く抜髄と呼ばれる治療を行います。北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科はできるだけ痛くない診療を心がけている歯医者で、虫歯の治療時には出来る限り痛みの出ない方法を選択してもらえます。麻酔を行う際も、ジェル状の表面麻酔を用い、麻酔針は刺入時の痛みを軽減するため、極細のものが使用されています。さらに麻酔時の不快な圧力痛を軽減するために、針を刺す場所や麻酔液を入れる圧力、速度などに最大限の配慮がなされています。

また、北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科では、残せる歯を極力残し、歯を削る量も最小限にし、できる限り自身の歯で充実した食生活を送ることができるように細心の注意を払って治療が行われています。

抜髄を行った後は、神経があった空洞を薬剤で充填します。その場合、歯の根の先までしっかりと薬剤を入れる処置をしてもらうことが重要になります。もし根管治療が不適切だったり、歯根が割れていた場合には、根管内に細菌感染が起こってしまって感染根管となります。

北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科は、患者一人ひとりに応じた最適な治療を大切にし、できるだけ痛くない診療が提供されている歯医者です。そのため、痛くない歯医者を探しているなら北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科はおすすめの病院です。

歯医者で行われる根管治療は治療の基礎となるとても重要な治療だと北九州市小倉北区では考えられています。当院は丁寧で痛くない診療を提供し、患者一人ひとりに合った最適な治療が行われている北九州市小倉北区の歯医者です。

むし歯ができるまで

“虫歯は人のお口の中にひそんでいる虫歯菌である「ミュータンス菌」という細菌が原因となって引き起こされます。
ミュータンス菌は人の歯に虫歯を引き起こす虫歯の原因菌であり、ミュータンス菌が出す酸によって虫歯を発症します。
今回は、ミュータンス菌が人の歯に虫歯を引き起こすメカニズムや、「虫歯が出来るまで」について詳しくお話をさせていただきます。

■虫歯が出来るまで

人が食べる食べ物の中でも、特にご飯やパン類、麺類やじゃがいもなどの炭水化物や、甘い砂糖を使ったお菓子や清涼飲料水に含まれている糖質を特に虫歯の原因菌であるミュータンス菌は好んで食べます。
この糖質をエネルギー源としてミュータンス菌はお口の中で活動し、酸を出して歯の表面物質であるエナメル質やその下にある象牙質という物質を溶かしてしまいます。
これが、虫歯が出来る仕組みです。

■ミュータンス菌が虫歯の穴を作り、ラクトバチルス菌が虫歯の穴を大きくします

虫歯は歯の表面に付着した糖質を含むプラークをエネルギー源として活動している虫歯菌のミュータンス菌とラクトバチルス菌によって引き起こされます。
ミュータンス菌は歯を成分であるリンやカルシウムを溶かして「脱灰(だっかい)」という状態にしてしまい、歯に穴を開けます。
ミュータンス菌が開けた歯の穴は、乳酸菌であるラクトバチルス菌という細菌が虫歯の穴をどんどん深く大きくしていってしまいます。
ミュータンス菌が虫歯の穴を開け、乳酸菌のラクトバチルス菌が虫歯の穴を大きく深くしてゆく事で虫歯は進行してゆきます。

■虫歯はセルフケアとプロケアの両方で予防しましょう

虫歯はこのように歯の表面に付着した歯垢であるプラークを放置する事で発症しやすくなるという特徴があります。
この為、日ごろから自宅での歯磨きによるブラッシングを中心としたセルフケアを行い、セルフケアと合わせて歯のプロフェッショナルである歯医者で定期的に歯の健康診断を受けるなど、セルフケアとプロケアの両方を心がける事で虫歯になる確率を下げる事が可能となります。

【予防歯科は北九州市小倉北区の歯医者や歯科へ】

虫歯を未然に防ぐ予防歯科の分野では、以前から北九州市小倉北区の歯医者や歯科が行っている予防歯科が有名です。
北九州市小倉北区の歯医者や歯科で行っている予防歯科は子どもから大人、高齢者の方まで幅広い年齢層の患者様に対応している北九州市小倉北区の歯医者や歯科が多いのが特徴です。
北九州市小倉北区の歯医者や歯科には地元の患者様はもちろんの事、他府県から北九州市小倉北区の歯医者や歯科を訪れて予防歯科や虫歯治療を受ける患者様も少なくありません。
北九州市小倉北区の歯医者や歯科で適切な予防歯科や虫歯治療を受け、北九州市小倉北区の歯医者や歯科が行う治療で歯を健康な状態に保つ事をおすすめします。”

むし歯の進行度について

“虫歯は冷たい物や甘い物がしみるようになったり、何をしていなくても痛みを感じるようになってから初めて歯医者を訪れる患者様が多いのですが、虫歯は痛みを歯に感じない場合もあり、進行具合によっては痛みを通り越して歯の神経が死滅した状態となるケースもあります。
今回は、「虫歯の進行度について」詳しくご説明をさせていただきます。

■虫歯は「C0」から「C4」までの進行度に分類されます

虫歯は初期の虫歯である「C0」から神経が虫歯に侵され歯の上部がぼろぼろに崩れ落ちた「C4」までの分類があり、これらの進行度合いによって虫歯の治療方法も異なります。
初期の虫歯である「C0」の段階ではまだ歯の表面物質であるエナメル質に茶色いシミが出来ている状態であり、歯に黒い穴が認められない状態です。
「C0」の段階の初期の虫歯では歯を削る治療は行わず、虫歯を予防する薬剤を塗布するなどして様子を見ます。
「C1」の状態になると歯の表面を覆っているエナメル質に黒い穴が開き、冷たい物や甘い物が徐々にしみるようになってきます。
「C1」の状態の虫歯治療は歯を少し削り、削った箇所にインレーと呼ばれる金属製の詰め物を詰めたり、硬質レジンという歯科用のプラスチックを詰めて治療を行います。
「C2」の状態では歯の表面物質であるエナメル質の下にある象牙質にまで虫歯が到達し、痛みを感じる機能を持つ象牙質が虫歯におかされる事でより強く痛みを感じるようになり、食べ物を食べたり飲み物を飲まなくても歯が痛む事もあります。
「C2」の虫歯治療は「C1」の時と同じ詰め物による治療を行いますが、「C2」の虫歯治療の方が「C1」よりも詰め物の深さや大きさが大きくなる事があります。
「C3」の状態になると、象牙質の大部分は虫歯によっておかされてしまい、歯の神経が通っている部分である歯髄にまで虫歯が到達します。
歯髄に虫歯が到達してしまうと常に強い痛みを歯に感じるようになります。
「C3」の状態の虫歯の治療は歯を削る治療に加えて歯の神経を抜く抜髄という治療を行い、場合によっては歯の根の掃除を行う治療である根管治療を行う事もあります。
「C3」の虫歯治療を行った場合には詰め物ではなく、クラウンと呼ばれる金属製やセラミック製のかぶせ物を使って治療を行います。
「C4」まで虫歯が進行してしまうと、歯の上部部分はほとんど崩れ落ちてしまい、歯の中を通る神経も死滅した状態になり痛みを感じなくなります。
「C4」の虫歯は歯の神経が通る歯髄や歯の根っこが虫歯におかされ死滅している状態ですので治療は不可能となり、抜歯により歯を抜く事となります。

【虫歯は悪化する前に北九州市小倉北区の歯医者や歯科で治療を】

北九州市小倉北区の歯医者や歯科では虫歯予防と治療に力を入れている北九州市小倉北区の歯医者や歯科が多い事で知られています。
北九州市小倉北区の歯医者や歯科では他院の歯医者で治療が上手く進まなかった患者様が転院して北九州市小倉北区の歯医者や歯科で治療を受け、虫歯やその他のお口の症状が治った、というケースも少なくありません。
北九州市小倉北区の歯医者や歯科で虫歯治療を受けた患者様は再び北九州市小倉北区の歯医者や歯科で治療を受けるなどリピート率が高く、全国の歯科関係者から北九州市小倉北区の歯医者や歯科は注目を集めています。”

歯周病とは

歯周病は歯科疾患の一つで、歯周病は歯の周りの骨が溶けて、最終的に歯が抜けてしまう疾患です。歯周病は静かなる病気とよばれ、症状がないままに進行し、痛みや歯の揺れが出て気づくころには重症になっていることが多く、初期の段階で適切な治療を行えば進行を止められる病気でもあると北九州市小倉北区の歯医者では考えられています。

ある研究では、残存歯の数と生涯の医療費には関連性があるという関係性が見つかりました。残存歯が多いと生涯医療費が少なくなる傾向があり、この理由としては、歯周病が全身性疾患と関連性があることが挙げられています。歯周病があると、そうでない人よりも心臓病や脳梗塞などの全身性の疾患リスクが高まり、糖尿病や脳卒中のリスクを高くするのです。
歯科医療の充実で口の中が健康に保たれると、内科や脳外科などの医科などの総医療費を下げる効果が高く、歯周病で歯がグラついている患者は他の病気にかかっている傾向も高く、歯周病にかかっていない患者は体の他の部分も比較的健康で、年間総医療費に大きな差が生まれるということでした。

超高齢社会の毎年1兆円ずつ増え続けている医療費の削減のためには、歯科医療の充実が不可欠といわれています。若い人でも歯周病対策に力を入れることで、将来的な循環器系や内分泌系疾患の予防につながります。北九州市小倉北区の歯医者でも、医科の医療費削減効果もある歯周病の予防に力を入れて取り組みがなされています。

毎日歯磨きをしていても、セルフケアでは歯垢を完全に取り除くことはできないといわれています。北九州市小倉北区の歯医者では正しいセルフケアと、定期的なプロケアが将来の口腔環境を守り、自然で美しい歯を育てるのであると考えられています。北九州市小倉北区の歯医者では、予防歯科に力を入れ、歯科衛生士による定期的なプロのケアメンテナンスを受けることができます。

北九州市小倉北区の歯医者では歯の定期検診時に、一人一人に応じて歯や歯ぐきの状態を診て、歯磨き指導などを行っています。

ずっと健康な歯でいたい場合は、歯を治療する前に、予防に努めることが大切であると北九州市小倉北区の歯医者では考えられています。

歯科医院は歯が痛くなったら行くところではなく、虫歯や歯周病にならないために行くところで、北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は、歯周病について予防歯科の観点から取り組みがなされている北九州市小倉北区の歯医者です。

入れ歯とは

入れ歯は、歯を失った場所に人工歯茎を含めた義歯をはめ込んで、周囲の歯にバネで固定する方法です。

入れ歯は保険でつくることができ、早期に安価に用意できるという点にメリットがあります。
また、健康な歯を削る量は非常に少ないといった点もメリットといえます。

しかし、お餅など歯にくっつきやすいものや噛めないものがあります。
また、天然歯が無くなっているために、顎骨が痩せやすくなるというデメリットがあります。さらに、周囲の歯に虫歯ができやすくなったり、噛みあわせが変化してしまうといったデメリットもあり、装着時に痛みなどが生じたりするなどの欠点もあります。 

しかし、入れ歯は、総入れ歯や部分入れ歯など、自身の歯の状態に応じて選ぶことができ、保険が適応できるものもあり、自費診療のものを希望することもでき、北九州市小倉北区の歯医者で様々な機能を備えた入れ歯から選択することができます。

金属のバネのないソフトな入れ歯はスマイルデンチャーとよばれます。スマイルデンチャーは見た目も自然なので入れ歯と判りません。さらに、素材は柔らかくて薄く、弾力性の高いナイロン樹脂なので、歯ぐきにぴったりと合います。

北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では、目立たず、丈夫で、噛めて、痛くないといった長所が多い、新しいタイプの入れ歯、スマイルデンチャーを作ってもらえる北九州市小倉北区の歯医者です。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科で取り扱われているスマイルデンチャーは、アメリカ食品医薬品局(FDA)から承認され、世界30ヵ国で広く使用されている入れ歯です。無味無臭で、人の体への悪影響もありません。歯ぐきを痛めない新しい入れ歯として北九州市小倉北区の歯医者では注目されています。さらに、スマイルデンチャーは従来の保険入れ歯の半分という軽さで、耐衝撃性は従来の義歯素材のレジン製入れ歯の約15倍ととても丈夫です。

スマイルデンチャーは自費診療となりますので、治療費用の負担が一部負担ではなく、10割の全額負担という点がデメリットといえます。しかし、従来の入れ歯ではアレルギーが心配な患者も、北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科でスマイルデンチャーを作ってもらえば、樹脂スーパーポリアミドが素材なのでアレルギーの心配がないといえます。
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は金属のバネのないソフトな入れ歯はスマイルデンチャーを作ってもらえる北九州市小倉北区の歯医者です。スマイルデンチャーは見た目も自然で、柔らかくて薄く、弾力性の高いナイロン樹脂素材でできています。そのため、歯ぐきにぴったりと合います。

入れ歯とは

入れ歯とは、高齢者の方がつけると思っている方が多いと思います。
人は老いれば健康を維持するのも大変なのでそう思う方が多いのは仕方ありません。

ですが、若い方でも虫歯が進行しすぎて手遅れになり歯を抜かなければいけない、
また、事故かなにかで歯を失ってしまい入れ歯を着用しなくてはいけない方もいらっしゃいます。

入れ歯とはなにかを説明していきたいと思います。

まず、虫歯が進行し、歯を抜くしか方法がなくなって歯の数が少なくなってきた人は必ず歯医者で勧められます。
歯がないと食事もできませんからね。
一本や二本ない方はかぶせものを繋げたブリッジというものをつけることができるのですが、全体的に歯が弱っている方はブリッジをつけるのも無理なときがあります。
そんなときに勧められるのが入れ歯や、部分入れ歯です。
みなさんは、入れ歯をつければ食事ができると思っていませんか?
そんなことはありません。
自分の歯に比べれば入れ歯は4分の1しか力を発揮できません。入れ歯を作れば歯医者さんでも必ず説明されます。
つければ必ずしも食事できるというわけではないのです。
大きい入れ歯をつければ口の中に異物が入るので吐き気に襲われますし、硬いものを噛めば歯茎が傷つき噛むたびに痛みが走ったりなどいろいろデメリットはあります。
しかし、歯茎で物を食べるよりかはましです。
慣れてくれば違和感もなくなってきます。
しかしあくまでも食事をするときに補助をしてくれる道具だと思いを頭に入れとかなければなりません。
急に総入れ歯にしてしまうと使うことをやめてしまう方が多いので、歯の数が少なくなってきたら慣れの意味も込めて早めに入れ歯を作ったほうがいいと思います。
部分入れ歯の方が楽で慣れやすいですしね。
まあ虫歯を放置しないことが一番ですけど。
最初に言いましたが、入れ歯には二種類あります。
総入れ歯と部分入れ歯。
総入れ歯は全てが人工の歯ということですね。
上は上顎を覆いかぶさるような形になっているのですごく気持ち悪いです。
嘔吐反射がある方は確実につけることは難しいでしょう。
そして、右と左で均等に噛まなければ割れてしまったり、歪んだりどちらかの歯茎が傷ついたりと問題も多く出てきます。
それに比べて部分入れ歯は両方の端っこに針金がついていてその針金を自分の歯に引っ掛けて外れにくくするという形です。
こちらは範囲が小さいためあまり痛みもでないですし、慣れるのが早いと思います。
しかし、針金がついているので硬いものを噛むと針金が折れてしまったりして飲み込んだり、口の中が傷ついたりしてしまうので要注意です。
壊れた入れ歯はすぐにかかりつけの歯医者さんで直してもらうか、新しいものを作り直しましょう。
最近は高いですがインプラントというものがでてきたので気になる方は歯医者で説明を受けるのもありかもしれないですね。
北九州市の小倉北区にある坂口歯科・矯正歯科ではきちんとメリット、デメリットの説明もしてくれますし、いい歯医者です。
歯医者にいくのはこわいかもしれませんが、早め早めの治療が大事ですね。”

予防歯科とは

“北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科では、歯は削れば削るほど弱くなっていき、治療をすればするほど虫歯の再発リスクは高くなるといわれています。せっかく治療した歯なので長く、快適に活用するために、北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科では、3~6ヶ月毎の定期的メンテナンスが行われています。

日本人の70代の人の残存歯数は約16.5本といわれています。この数は、欧米の70代の人が約21本の歯が残っているといわれるのに対して少ないといえます。

この差は日本人が治療に歯医者に行くのに対し、欧米人は予防のために歯医者に行く人が多いという、歯医者に行くことに対する習慣の違いといえます。欧米では、治療ではなく予防に重点が置かれているという予防歯科の考え方が一般的となっており、子の差が数字に表れているといえます。

北九州市小倉北区の歯医者では、予防歯科の目的は口の健康を生涯維持して美しい歯を育てることだと考えられています。小さな子どもであれば、虫歯が1本もない口の環境をつくることができ、成人ならば、治療部分の再発の予防と新たな虫歯や歯周病の進行や口臭などの予防です。北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科はそのような考え方が診療に取り入れられている北九州市小倉北区の歯医者で、予防的な診療に基づく定期検診などが実施されています。

といっても、毎日歯磨きをしていてもセルフケアでは虫歯の原因のバイオフィルムやお茶、コーヒー、タバコなどからでる歯の汚れを完全には取り除くことはできません。

北九州市小倉北区の歯医者では正しいセルフケアと、定期的なプロの予防ケアが自然で美しい歯を育てると考えられています。北九州市小倉北区の歯医者では歯科衛生士などによる定期的なプロケアを受けることができ、一人一人の患者に応じて、歯や歯ぐきの状態による歯磨き指導などが定期的に受けられます。

医院は歯が痛くなったら行くところではなく、虫歯や歯周病を予防するために積極的に訪れるところであるという考え方が浸透しています。虫歯や歯周病にならないために、健康で美しい歯の手入れのためにも、より積極的に歯医者を利用することが大切であるといえます。

歯は一度失うと二度と生えませんし、削れば削るほど弱くなっていきいます。治療をすればするほど虫歯の再発リスクも高くなるといわれ、いつまでも健康な歯でいるために、歯を治療する前に、予防に努めることが大切であると北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科では考えられています。