⑳歯を削ることはなぜよくないのか

歯は削れば削るほど弱くなっていきいます。治療をすればするほど虫歯の再発リスクも高くなるといわれています。いつまでも健康な歯でいるためには、歯を治療する前に、予防に努めることが大切であると北九州市小倉北区の歯医者では考えられています。
虫歯になっても、削って治療をすればよくなると考えている場合、それは正しくありません。しかし、口の中は想像よりも過酷な環境にあるため、歯は治療すればするほど悪化の一途をたどります。硬いものを噛み砕くことで、歯と歯が激しくぶつかり合ったり、冷たいものが入ってきたらすぐに熱いものが入ってくるという過酷な環境下にあります。そのため、歯と詰め物やかぶせ物の間には目で見えないくらい小さな隙間がどうしても生じてしまい、そこから虫歯菌が侵入することで、虫歯が再発することになるのです。
治療した歯を再治療する際には、以前より虫歯が広がっていることになり、より大きく歯を削る必要があります。この再治療のサイクルを繰り返すと最終的に削る歯がなくなり、抜歯、インプラントや入れ歯といった流れになるのです。このため、北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では歯を削ることはよくないと考えられています。
北九州市小倉北区の歯医者では、いかに歯を削る量を少なくするかが、患者の口の健康を守る使命と考えて治療が行われています。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では、歯を削る量を最小限に抑えるための工夫が行われています。
口腔内環境がある程度整ったら虫歯治療が行われます。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では虫歯の治療は出来る限り痛みの少ない方法を提案してもらえます。麻酔を行う場合にもジェル状の表面麻酔を行って、麻酔針は極細のものが使用されています。そして、北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では麻酔時の不快な圧力痛の軽減のため、針を刺す場所や麻酔液を入れる圧力や速度に最大限の配慮がなされています。
北九州市小倉北区の歯医者では、残せる歯をできるだけ残して、削る量を最小限にするため、できる限り自分自身の歯で充実した食生活が送れるように細心の注意が払われています。そして、治療後に用いられる詰めものや被せものについては、患者に説明した後に一緒に選ぶようにされています。
このように、いつまでも健康な歯でいるためには、歯を治療する前に、予防に努めることが大切と北九州市小倉北区の歯医者では考えられています。

スケーラーとは

“スケーラーはデンタルスケーラーのことで、歯医者での主に歯石除去のために用いられる歯科用器具のことをいいます。スケーラーを用いる治療にはスケーリングやルートプレーニング、歯周ポケット掻爬などがあります。
歯周病になると、歯肉や歯根膜や歯槽骨歯などの歯周組織が口の中の細菌によって破壊されていきます。歯周病の大きな特徴として、痛みなく進行することから、知らない間に重症化してしまうということが挙げられます。 歯周病は、口腔内の細菌の慢性的な感染によって起こり、細菌は歯垢を形成して、やがて石灰化を起こし歯石形成がなされます。
口の中の細菌をすべて除去することは困難なため、歯垢や歯石を除去することが一般的な治療法とされています。歯医者で行われる治療法には様々あり、北九州市小倉北区の歯医者ではスケーラを用いて歯の周りの歯石を除去する方法がよく行われています。
スケーラーには手動タイプと超音波タイプのものがあり、超音波タイプのスケーラーは超音波振動で歯肉縁上の歯面についた歯石などの沈着物の除去ができます。
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では小児歯科、矯正歯科、予防歯科、ホワイトニングを含めた審美歯科や訪問診療なども幅広く対応しています。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科でも歯周病は、多く人がかかっている病気で、初期段階では自覚症状がなく、重症になってから気がつく場合が大半となっています。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では、虫歯治療を行う前に歯石を除去し、マッサージをかねたブラッシングを行いって歯ぐきからの出血を減らすようにされています。北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科ではスケーラーを用い、歯垢や歯石を除去するスケーリングを行ってもらうことができます。
北九州市小倉北区の歯医者でも、日本人が持つ歯科医院のイメージは歯が痛くなったら行くところというイメージを持つ人が多くなっています。欧米の予防歯科先進国では、歯医者は虫歯や歯周病にならないために、健康で美しい歯の手入れに利用するところという考え方をしている人が多く、この点を比較すると北九州市小倉北区でも歯医者に対する考え方が大きく違っているといえます。その結果、70歳での平均残存歯数に日本と欧米では大きな差が出ています。
歯は一度失うと二度と生えてくることはありません。北九州市小倉北区では、患者がずっと健康な自分の歯で美味しい食事ができるように予防歯科にも力を入れています。

⑰歯科衛生士とは

“歯科衛生士は、医師の指示に応じ、患者の診療時の補助や歯科保健指導や措置を行う仕事です。歯科衛生士資格は国家資格で、患者の口の中に手を入れることも認められている仕事です。
北九州市小倉北区の歯医者でも虫歯予防のための歯石除去処置や子どもの歯へのフッ素塗布、歯磨き指導や、レントゲン撮影の補助業務など、診療補助業務は幅広くあります。
歯科衛生士は国家資格の取得が必要となっています。高校卒業後、歯科衛生士養成課程のある教育機関へ通います。大学や短期大学、専門学校などに通って勉強し、最終的に国家試験合格を目指して勉強します。国家試験の合格率は95%くらいと高く、その後は歯医者などに就職してキャリアを積んでいきます。
歯科衛生士は、北九州市小倉北区の歯医者でもスタッフとして活躍しています。患者は歯医者で治療を受けるのが怖いという人や、治療を受けることに不安をかかえている人も少なくありません。北九州市小倉北区でも、治療前に患者声をかけてリラックスできる雰囲気づくりをしたり、患者の治療中の緊張できるだけ和らげたり、コミュニケーションを図りながら歯医者でスタッフとして活躍しています。
北九州市小倉北区の歯医者でも口腔ケアはどの世代の人にも重要なものでその果たす役割はとても大きいと考えられています。また、インプラントや入れ歯などの装着後には定期的なメンテナンスも必要とされますので、今後も北九州市小倉北区でもスタッフとしての活躍が期待されています
歯科衛生士として働く場合、給料や待遇は勤める歯医者によって異なっています。その給与平均は330?350万円くらいで、待遇も各種保険制度や退職金手当などがある場合もあれば、パートなどで、そうでない場合もあり、様々です。年齢が上がっても給料額に大きな変動がない場合が多く、複数勤務場所を掛け持ちしている人もいます。
歯科衛生士はなくてはならないスタッフで、北九州市小倉北区の歯医者でもスタッフとして活躍しています。北九州市小倉北区でもスタッフとして活躍し、虫歯の治療や抜歯などで、医師の指示によって患者の口腔ケアが行われています。九州市小倉北区の医院は、患者が不安をかかえている場合などにも、歯科衛生士によって治療前や治療中などにも患者を励ましたりし、患者に応じた丁寧な口腔ケアが行われている北九州市小倉北区の医院です。その診療補助業務は幅広く、虫歯予防のための歯石除去処置や子どもの歯へのフッ素塗布補助業務などがあります。

⑯根管治療の重要性

“根管治療は虫歯が歯髄に到達した状態の歯の治療時に用いられる治療法です。北九州市小倉北区の歯医者では根管治療は治療の基礎となるとても重要な治療で、歯の寿命を決めるほどの大切な治療と考えられています。そのため、根管治療は丁寧に適切に行われる必要があります。根管治療が十分でないまま上に被せものをしても、根管内に炎症が起こって、結局、再度治療が必要となったり、最悪の場合にはせっかく治療したのに抜歯が必要になったりしてしまいます。
虫歯で歯髄が細菌感染してしまい、歯髄炎を起こしたり、歯がしみて痛みなどが生じてくると、神経をとる必要性がでてきてしまいます。
治療は、麻酔後に虫歯になっている部分を削り、歯の神経を露出させます。そして、歯の神経を取り除く抜髄と呼ばれる治療を行います。その後、神経があった空洞を薬剤で充填して、根管充嗔を行います。その場合、歯の根の先までしっかりと薬剤を入れる処置を歯医者でしてもらうことが重要になります。もし根管治療が不適切であったり、歯根が割れていた場合には、根管内に細菌感染が起こってしまい感染根管となります。そうなると、急に歯茎の腫れが起こったり、ひどい痛みが生じ、副鼻腔などの炎症につながる場合もあります。そのため、北九州市小倉北区の歯医者では歯医者で行われる根管治療は治療の基礎となるとても重要な治療だとされています。
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科はできるだけ痛くない診療を心がけている北九州市小倉北区の歯医者です。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では患者一人ひとりに最適な治療を行うことを大切にし、できるだけ痛くない診療が提供されています。そのため、痛くない歯医者を探しているなら北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科はおすすめです。
歯科ではいかに歯を削る量を少なくするかが、患者のお口の健康を守る上で大切だと考えています。そして、歯を削る量を最小限に抑える工夫がなされ、口腔内環境がある程度整ったら虫歯治療が行われています。
虫歯の治療時の麻酔を行う際にもジェル状の表面麻酔を行ってから、麻酔針は刺入時の摩擦を軽減するために極細タイプのものが使用されています。北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科は丁寧で痛くない診療を提供し、患者一人ひとりに最適な治療が行われている北九州市小倉北区の歯医者で、根管治療はその歯の寿命を決める大切な治療であると考えられています。

⑮歯科助手とは

“歯科助手は、北九州市小倉北区の医院でもスタッフとして活躍しています。歯科助手は医者の側でライト調整したり、必要な道具を事前に準備したり、バキュームで患者の口の中を吸引したりといった仕事を行っている役割の人たちです。
北九州市小倉北区でも、歯科助手は優しい笑顔で丁寧な対応を行いながら、患者を安心させることができるようにコミュニケーションをとったり、診療の現場をアシストするアシスタントといった役割があります。また、受付や会計、予約電話の対応なども行う、幅の広い仕事です。人と接することが好きな人に向いているといった仕事といえます。
患者は歯医者に行くのが怖いという人や、治療を受けるのが不安という人も少なくありません。歯科助手は、患者声をかけてリラックスできる雰囲気を作ったり、患者の緊張を治療前などにとったりするという役割を担い、歯医者にとっては欠かせない存在といえます。
北九州市小倉北区の歯医者でも歯科助手は医院スタッフとして活躍しています。虫歯の治療や抜歯などで、患者が不安をかかえている場合に、治療前にリラックスできるように声を掛けたり、治療後も次回の診察に安心して治療が受けられるように声をかけたりと、患者を励ましたり、現場をアシストする仕事が行われています。
歯科助手の仕事は全国各地で就職先を見つけやすいのも魅力の一つです。特別な資格や学歴はそれほどは必要とされてはおらず、未経験から可能となっている求人も少なくはありませんので、未経験からスタートすることも可能です。しかし、日本歯科医師会などが行う講習や講義を修了して資格認定を受けることで就職の際に大きく有利になることが多いといえます。北九州市小倉北区の歯医者でも重要な仕事だと考えられています。未経験からなることができ、北九州市小倉北区の歯医者でも正社員やパートやアルバイトで働いている人も多くいます。正社員の場合は年収が250~300万円くらい、パートやアルバイトは時給が900~2000円くらいが一般的です。
歯科助手は歯医者にとってはなくてはならないポジジョンで、北九州市小倉北区の歯医者でも医院のスタッフとして活躍しています。
北九州市小倉北区の歯医者も歯科助手がスタッフとして活躍し、虫歯の治療や抜歯などで、患者が不安をかかえている場合に、リラックスできるように声掛けしたり、患者を励ましたり、現場をアシストする仕事が行われている北九州市小倉北区の歯医者です。

⑮ファイバーコア、メタルコアについて

支台歯をつくるためには、土台を作らなければいけません。
土台の素材として昔から使われているメタルコア。新しい素材として出てきたファイバーコアがあります。
大きな違いとしては、金属が金属じゃないかです。
メタルコアの製作は、歯形取りをしたものに石膏を流し歯の形を起こし、それをもとに歯科技工士が製作していきます。
メタルコアのメリットは、保険で製作可能ということ。
多くの症例で使用可能ということ。だと思います。
デメリットは、硬い金属で作るためくさびの原理で歯が割れてしまうことがあります。
また、あまりにも深く長いメタルコアを使い歯の中に埋め込んでしまうと、再治療との時に除去困難になってしまい、治療が不可能になる可能性があります。
メタルコアを接着剤で歯につけた後、銀歯などを被せるために、形成し支台歯として完成させるのですが、削った金属の粉が歯茎に付着してしまい、歯茎を一部黒く(メタルタツー)させてしまうことがあります。
金属アレルギーの方にはは使えないこともあり、またオールセラミックなどを被せた時に下のメタルコアが透けてしまう可能性があります。

▼ファイバーコアのメリット
特殊な光で硬め作るものなので、歯科医院で部位によっては歯の中に直接製作可能なことがあります。
また、ファイナーポストという、テニスのラケットにも使われている特殊な繊維を中に入れることで、より頑丈にしつつもしなやかさをもたせ、強度を保つことができます。
金属アレルギーの方に使用可能です。
オールセラミックを被せた時にファイバーコアの色が白に近いため、オールセラミックを被せた時に色を邪魔することがありません。
メタルコアとは違い金属でできていないので、あまりにも大きな咬合圧や負荷が生じた時に、くさびの原理で歯が割れる心配が少なくなります。ファイバーコアが割れて歯の土台は守られ、再治療の可能性が広がります。
デメリットは、保険が利かないことがあり自費負担になることがあります。

▼歯科助手と歯科衛生士の違い。
大きな違いは、国家資格を所有しているかしていないかです。
歯科衛生士は、口腔内に手を入れることが可能ですが、歯科助手は口腔内に手を入れることはできません。
主に、受付作業や歯科衛生士歯科医師の補助をし治療を円滑に進めるための、大切な役割を担っています。
歯科助手を数年間続けたからといっても、歯科衛生士の受験資格は与えられません。
専門学校や大学で、必要な実技や講習を3年学ぶことで、受験資格を得ることができます。
歯科助手と歯科衛生士では、できることの近いが多くありますが、どちらも歯科医院にとっては必要な人材であり大切な存在です。
新人の歯科衛生士よりも、長年勤めている歯科助手の方が何倍も知識も経験もあり、患者様からの信頼を熱く得ていることも多々あります。
どの職種も素敵な仕事だと思います。”

⑭支台歯について

支台歯とは、虫歯で大きく歯を削ったり、何かしらの理由で歯を失ってしまい、その状態で銀歯やブリッジ等を被せられない時に、被せるための土台(コア)を作った歯のことを言います。
例えば、虫歯で歯の一部を失ってしまったりすると、虫歯の部分を取った後大きな虫歯であればあるほど、歯としてはもろくなっていきます。
また、歯の中には神経があり、神経には血管もあるため、その血管を通して歯に潤いを与え丈夫さを保っているのです。
しかし、虫歯が大きく神経をとらざるおえないこともあります。そうなると、神経がある歯に比べ、やはりどうしても弱くなってしまいます。
そこに、無理やり銀歯を被せたりすれば噛んだ時にかかる咬合圧により、歯が折れてしまったりします。そうなると、なんのために治したのかわからなくなってしまいます。
それを補い形成し出来上がったものを支台歯と言います。支台歯を作るもう1つのメリットは、綺麗に歯を再形成し直すので、無理な傾きを直したりすることは不可能ですが、多少の傾き程度なら、支台形成を行うことで若干の歯並びを治すことも可能になります。
歯科の矯正の中に、補綴矯正というものがありますが、歯を削り支台形成を行い、均等な並びの支台歯を数本作り被せることで、綺麗な歯並びを手に入れることも可能です。
しかし、虫歯もない綺麗な歯を削り補綴矯正をするのは、歯の寿命のことを考えてもお勧めはできないので、虫歯で数本前歯を直さなければいけなくなってしまったり、事故で前歯を折ったりなど、致し方なく歯を削らなければいけなくなった時に、そんな方法もあるんだと覚えておいても良いかもしれません。
また、支台歯に後々銀歯やブリッジを被せるので、支台歯形成をいかに綺麗にするかは、大切なところです。
段差があれば、そこから虫歯の再発のリスクが出てきたり、食べかすが詰まって歯肉炎を起こしたりもするため、いかに綺麗に形成するかは歯科医の腕の見せ所だと思われます。

⑪セラミックとは?

“北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科ではメタルフリー治療がすすめられています。日本は、ほとんどの歯科治療を保険で受けることができます。しかし、北九州市小倉北区の歯医者では、保険診療では治療に用いることができる素材に制限があって、虫歯治療ではほとんどの場合、金属が用いられていることが指摘されています。
保険診療は患の費用負担は少なくてすみます。しかし、金属が用いられることが多く、患者にとっての肉体面や精神面の負担という点でデメリットが報告されているのも否定できず、北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科ではそのようなデメリットを考え、アレルギーなどの患者の肉体への負担をできるだけ軽減できる治療法としてメタルフリー治療が提案されています。
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では、金属を使用することの最も大きなデメリットは金属アレルギーを引き起こす可能性があるということ考えられています。保険診療で用いられる金銀パラジウム合金やニッケルクロム合金は金属アレルギーの発症リスクがあります。また、自由診療で用いられるコバルトクロムやチタンなどもアレルギーが起こる可能性がゼロではありませんので、金属アレルギーが心配な場合は、非金属性素材であるセラミックを治療に用いることがすすめられています。例えば、ジルコニアセラミックは、内面に高い強度のジコルニアという素材が使われており、外面は自然な歯と同じくらいの白い輝きをもつという点でも人気のある素材です。
セラミック素材の詰め物にした場合、保険診療の詰めものに比べても機能面でのデメリットはないといわれています。しかし、耐久性や健康面、審美性といった点で大きなメリットがあります。体の健康という点でセラミックは金属アレルギーの症状の心配がありません。金属系の詰め物は、金属イオンが口の中で溶け出します。口から溶け出した金属イオンが体の中にも入って蓄積され、ある日突然アレルギーを引き起こすということが知られています。
そのため、北九州市小倉北区の歯医者では金属アレルギーのある人はメタルフリー治療がすすめられています。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科ではセラミックなどの非金属素材が治療に使用されている北九州市小倉北区の歯医者で、口の中が赤くなったり、口とは関係のない体の表面の皮膚にかゆみが生じたりしない素材を用いて治療が行われている北九州市小倉北区の歯医者です。

⑩オフィスホワイトニングとは?

“オフィスホワイトニングとは、歯医者で行われるホワイトニングです。オフィスホワイトニングはホワイトニング薬剤を歯の表面に塗布し、光を当てて歯を白くする治療です。一度の施術で目に見える効果を得ることができ、光照射によってホワイトニング薬剤の浸透効果を高めて、即効性のある治療を行うことができます。そのため、短期間で歯を白くしたい人におすすめの方法です。個人差はありますが、希望の白さになるまでには2、3回ほど通院する必要があると言われています。
オフィスホワイトニングは、人前に出ることが多い人やコーヒーやワインを良く飲む人、歯の黄ばみが気になる人や喫煙習慣がある人などにおすすめです。
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科ではこのようなオフィスホワイトニングを行ってもらえる歯医者です。
歯のくすみはコーヒーなどの成分が沈着したステインが原因で起こります。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は、歯の本来の美しさを取り戻すために分割ポリリン酸によるホワイトニングが行われている北九州市小倉北区の歯医者です。歯が黄ばむ原因になっているステインと歯の間に、分割ポリリン酸が入り込むことで、歯についているステインを効率的に除去して、輝くほどの美しい歯をよみがえらせてくれます。
さらに分割ポリリン酸は歯をコーティングすることで汚れが付着しにくくしてくれます。分割ポリリン酸は研磨剤や漂白剤フリーなので安心して使えます。さらに、分割ポリリン酸はカルシウムを結合させる効果があるので、口の中で歯を強化する働きもあります。そのことで、歯肉が減ってきて象牙質がカバーされずに冷たいものなどが歯がしみるという知覚過敏を改善する効果もあるといわれています。知覚過敏の原因には歯周病などがありますので、分割ポリリン酸にはホワイトニング効果だけでなく歯周病や虫歯予防の効果まであるといえます。
分割ポリリン酸にの知覚過敏改善効果は、歯をコーティングすることで歯周病の症状対策にもなるということといえます。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では、このような分割ポリリン酸を用いたオフィスホワイトニングをしてもらうことができる北九州市小倉北区の歯科です。
このように、北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は、歯の本来の美しさを取り戻すために分割ポリリン酸を用いたホワイトニングを行っている北九州市小倉北区の歯医者で、歯をコーティングすることで歯周病の症状対策にも効果的な治療実践が行われている北九州市小倉北区の歯医者です。

⑧虫歯の原因、場所、症状

ラクトバチラス菌とは、約10種ある虫歯菌の一種で、ミュータント菌が虫歯を作り、ラクトバチラス菌がそこに住み、虫歯を大きくします。ラクトバチラス菌の特徴としては、強い酸を作る、つるつるした面で生活できない、糖を分解し、酸を産出し歯質を脱灰します。また、酸素の有無に関係なく生存でき、虫歯を進行させる細菌です。ラクトバチラスは、深い虫歯があったり、口の中の清掃状態が悪かったり、糖分を大量に摂取すると増えます。自然界に広範囲に分布していて、人間では、主に、腸やぷ口の中にいます。ラクトバチラス菌は、つるつるした状態では生存できず、何らかの溝があると、生存できます。ラクトバチラス菌はプラーク(バイオフィルム)の幕の中にいます。そのため、プラークを除去し、歯ブラシをきちんとやり、適度な詰め物をするとほぼ0になります。福岡県北九州市小倉北区の坂口歯科、矯正歯科はでは、予防歯科に力をいれており、口の中を清潔にする、プラークの除去などを行い、さらに、超音波を用いて痛み,不快さがなくても、かなり虫歯を防ぐことができるようになりました。坂口歯科、矯正歯科の患者様への5つの約束は、子供さんに夢明るい未来を作る、痛くない治療、徹底した衛生管理、地域に愛される医院づくり、最新、最良の技術を習得することです。坂口歯科、矯正歯科では、CTレントゲンを導入しているので、虫歯を見つけることが簡単に、正確になりました。また、坂口歯科、矯正歯科では、顕微鏡で細菌を調べ治療に役立てています。坂口歯科、む矯正歯科では、高周波治療を行い、1秒間で51万回高周波照射をやることで、細胞内へ酸素や栄養を運び、老廃物や炭酸ガスなどの不要物を排出させます。この作用で、治療の促進や痛みの緩和に役立てています。坂口歯科、矯正歯科では、痛みのない治療、残っている歯を長持ちさせる、きれいな歯並びにする、白くて健康な歯にする、といった希望、理想を叶えよることを、目的にしています。また、坂口歯科、矯正歯科では、嫌がるを無理矢理、治療はしません。嫌がると歯科嫌いになり、歯科での歯のクリーニングを嫌がる結果、歯ブラシだけ予防する結果、虫歯が増えることになるからです。坂口歯科、予防歯科は虫歯を治療するときは、痛くない麻酔を行い、削る箇所をできるだけ少なくし、かぶせる物のの種類は、、患者にまかせています。また、電気メスを使うことにより、傷の治癒が早い、殺菌力があるようになりました。
 虫歯のできるところ
虫歯は、奥歯の上のかみ合わせ部分。ここは、かすが溜まりやすく、プラークを作りやすい。 歯と歯茎の接目部と隣接部分。歯の面の隅にあるため、正しい歯磨き方をしないと、汚れが溜まる。歯のかみ合わせの溝。かみ合わせには、溝があり、溝は複雑な形になっているため、汚れが溜まりやすく、奥歯へ歯ブラシが届きにくいため、奥歯のかみ合わせ面の溝は、虫歯になりやすい。歯と歯の間。歯ブラシだけでは十分に取れきれなく,坂口歯科、矯正歯科では、歯間ブラシやデンタルフロスなども使用をすすめる。奥歯の頬側には、かみ合わせのような溝が虫歯になりやすい。 耳の前方に耳下腺という唾液を分泌する大きな線があるため、うえの奥歯の外側は、いつも、唾液で洗われ、内側は、外側に比べると、流れが劣る、下の奥歯は、上とは逆で、外側より内側のほうが舌の動きも手伝って、唾液でよく洗われるので虫歯が少ない。 下の前歯の下には、唾液を分泌する大きな腺があって、何らかの刺激がなくてもいつも唾液が出る。逆に、上の前歯は、唾液のながれがあまりないので、虫歯になりやすい。坂口歯科矯正歯科では、予防歯科を行うことで、それらを未然に防ぎます。坂口鹿矯正歯科では、ししゅうごょうよぼうしま”

⑨冷たいものや甘いものがしみるときの理由
“冷たいものや甘いものがしみるという時には、原因として考えられるのが虫歯と知覚過敏です。虫歯も知覚過敏もしみたり痛いといった症状があります虫歯は、虫歯菌の出す酸で歯が溶かされていきます。知覚過敏は歯の表面にあるエナメル質が歯ぎしりなどが原因ですり減ったり欠けたりすることで象牙質が露出し、冷たいものや甘いもので神経が刺激されて違和感がでます。
そのため歯医者で適切な処置を行ってもらうことが必要になります。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は、このような症状に対し、虫歯になった部分を削りとって歯科用レジンを詰めて治療するという軽い虫歯の治療から、根管治療による歯科処置などまで、できるだけ歯を抜かない、痛まない治療を進めてもらえる北九州市小倉北区の歯医者です。
虫歯になっても、削って治療をすればよくなると考えている人もいるでしょう。しかし、歯は治療すればだんだんと悪化の一途をたどります。口の中は想像以上に過酷な環境に置かれているのです。冷たいものや熱いものが入ってきて、硬いものを噛むので歯と歯が激しくぶつかり合ったりしています。そのため、どうしても歯と詰め物や被せ物の間に、目で確認できないほど小さな隙間が生じやすくなります。そこから虫歯菌が侵入して、虫歯が再発することがあります。一度、治療した歯を再治療する場合、以前よりも虫歯が広がっていることになるため、治療時にはさらに大きく歯を削る必要があるといえます。
こうした再治療サイクルが繰り返されて、最終的には削る歯もなくなっていきます。そうなると抜歯をしなければならず、インプラントや入れ歯治療というように進んでいきます。
そのため、北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科ではいかに歯を削る量を少なくするかが、患者のお口の健康を守る使命と考えています。
この北九州市小倉北区の歯医者は痛みの少ない北九州市小倉北区の歯科です。北九州市小倉北区の歯医者では、患者の歯を守るトータルなお口の管理をしてもらえます。
また、知覚過敏の場合は、歯周病や加齢によって歯茎が下がってきて歯根が露出し、しみるようになります。また、歯医者で歯石を取ってもらった後や、歯茎の炎症が改善して歯茎が下がったことでもしみるようになります。
虫歯や歯周病はよぽど進行しなければ症状が出ず、症状が出てからでは手遅れの場合もあります。北九州市小倉北区の歯医者は歯磨きだけでは虫歯や歯周病は予防しきれないため、歯をなるべく長持ちさせるための毎日のケアの指導もしてもらえる北九州市小倉北区の歯科医です。