⑬支台歯とは

“支台歯とは、ブリッジや義歯といった補綴物を支えるために使用される十分な過重負担能力を有する歯のことです。支台歯となる歯には、通常の歯以上の大きな咬合圧がかかってきますので、それに耐えうる強さをもった歯ということになります。
歯を失った場所に人工歯茎を含めた義歯をはめ込むことで歯の欠損などを補うブリッジは、その周囲の歯にバネ固定します。しかし、ばねを掛けた歯が数年でぐらつくようになってしまって、ばねを掛けた歯は抜けやすくなってしまうというデメリットがあります。ブリッジは周囲の歯が虫歯になりやすくなったり、噛み合わせが悪くなるといった短所もあるといわれています。
例えば、顎の骨が十分ある場合にはインプラント体を顎骨に埋入固定し、その上からかぶせ物をするインプラント治療なども選択することができます。顎骨に固定するので、ブリッジ治療のように周りの歯に負担をかけることなく噛めるようになります。
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科ではブリッジのような保険診療の治療だけでなく、インプラント治療のような自由診療の治療もおこなわれています。インプラントは入れ歯のように取り外しを行う必要がなく、違和感や異物感などもない治療法だと考えられています。北九州市小倉北区の歯医者では、インプラント治療は支台歯を傷つけることもなく、歯の根があるため自身の歯と同じように噛め、審美性も高い治療だと考えられています。インプラントは、メンテナンスをしっかり行うことで何十年ももちます。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科ではこのようなインプラント治療も行ってもらえる歯医者です。、
北九州市小倉北区の歯医者では、歯は削らない方がよく、歯を抜くことは避けたいことであると考えられています。そして、北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は、患者が心豊かに毎日を過ごせることを目ざした治療や予防が行われている歯医者で、できるだけ歯の異変を早期に発見することが大切であると考えられています。
支台歯とは、ブリッジや義歯といった補綴物を支えるために使用される十分な過重負担能力を有する歯のことで、支台歯となる歯には、過重負担に耐えうる強さをもった歯のことです。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科ではブリッジのような保険診療の治療が行われている北九州市小倉北区の歯医者です。また、インプラント治療のような自由診療の治療も行われている北九州市小倉北区の歯科です。

⑫歯がない人に起こること

“歯周病などで歯が抜けてなくなってしまうと噛み合わせがずれてきます。抜けてしまった歯のスペースに周りの歯が寄ってきたり、これまで噛み合っていた反対側の歯が噛み合う歯がなくなったために伸びてきたりします。そして全体的に噛み合わせの均衡が崩れ、噛み合わせが悪くなっていきます。そうすると、顎関節などにも影響します。いちど崩れてしまった歯並びの均衡を元に戻すためには、まず周りの歯を戻してからになります。また、歯医者で治療してもらっても、噛み合わせがずれたままになるということもありますので、歯周病の欠損歯の治療はブリッジやインプラントなどを用いて、歯があったところに人工歯を入れる選択がなされます。
ブリッジは亡くなった両脇の歯がしっかりとしている場合に、ブリッジを架けるるようにして義歯を固定します。そうすると欠損歯を補うことができます。しかし、ブリッジは数年すると義歯を支えている歯に負担がかかり、グラついてくるというデメリットもあります。
インプラントは、顎の骨が十分ある場合にはインプラント体を顎骨に埋入固定し、その上からかぶせ物をします。顎骨に固定するので、周りの歯に負担をかけることなく治療ができるため、注目されている治療法です。
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科はインプラント治療は入れ歯のように取り外しをする必要がなく、違和感や異物感、痛みなどがない治療法だと考えている北九州市小倉北区の歯医者です。入れ歯を止める止め具はなく、支台の歯を傷つけることもありません。根っこがあるので自身の歯と同じように噛め、見た目も自然です。また、メインテナンスをしっかり行うことで何十年も使うことができます。北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科ではこのようなインプラント治療を行ってもらうことができます。、
北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科では、患者一人一人が快適な食生活を送ることができて、心豊かな毎日を過ごせることを目標にして治療や予防診療が行われています。北九州市小倉北区の歯医者では、歯は削らない方がよく、歯を抜くことは避けたいことであると考えられています。そして、これは発見が早ければ可能なのです。
歯周病は、自覚症状がなく進行する歯の代表的な疾患で、北九州市小倉北区の歯医者では歯周病の早期発見のために定期的な歯の検査が行われています。
このように、北九州市小倉北区の歯医者、坂口歯科・矯正歯科は、歯がなくなる前に、早めに異常を発見することでいつまでも自分の歯で噛めるということを目標として治療が行われている北九州市小倉北区の歯医者です。

⑦冷たいものや甘いものがしみるとき理由

“虫歯になると、冷たい水や飲み物が歯にふれるとキーンとした痛みを感じたり、甘いお菓子やジュースなどを食べたり飲んだりすると歯にしみるような感覚を覚える事があります。
これら「冷たい物」や「甘い物」がしみる現象は、「歯の中の温度」と密接に関係しています。
今回は「虫歯になった時に冷たい物や甘い物がしみるのはなぜ?」についてお答えいたします。

■冷たい物がしみるのは「歯の中の液体の流れが動き出すから」

冷たいアイスクリームや冷たい飲み物などを食べた時に、歯がキーンと痛んだりしみる事はよくあります。
この「冷たい食べ物や飲み物を食べたり飲んだりした際に歯がしみる現象」は、冷たい食べ物や飲み物が歯の表面に触れる事によって、常に36度前後に保たれている歯の内部の温度との差が生じて歯の中の圧力が変化して歯の中に通っている血液などの液体が移動してしまう事により歯の神経が刺激され、その結果「冷たくてしみる」という感覚を感じます。

■甘い物がしみる理由は「浸透圧の差」

では、甘いお菓子やジュースなど、甘い物が歯に触れるとしみるのはなぜでしょうか。
答えは、甘い食べ物は甘みを感じるまでかなり高濃度となるまで砂糖を使って作られている食べ物や飲み物が多く、高い濃度の甘い食べ物が歯に触れると歯の外側に触れた高濃度の甘い食べ物のせいで浸透圧に差が生じ、歯の中の血液などの液体が動く事により歯の神経を刺激してしみる、という感覚を覚えるのです。
食べ物や飲み物の浸透圧が高い場合に歯の内部の液体が動きしみる、という感覚を覚えるというメカニズムがある為、極度に塩辛い食べ物なども場合によっては高い浸透圧のせいで歯にしみる事があります。

■虫歯になると、さらに冷たい物や甘い物がしみるようになります

通常の虫歯ではない歯の場合でもこのように冷たい物や甘い物がしみる為、虫歯となって歯の神経が過敏な状態になっている場合にはさらに冷たい物や甘い物がしみるようになります。
虫歯にならなくても、知覚過敏などが原因で冷たい物がしみる事もあり、もし冷たい物や甘い物を食べたり飲んだりした時に耐えられないような痛みを感じる時には、なるべく早く歯医者での診察を受ける事をおすすめします。

【北九州市小倉北区の歯医者や歯科で虫歯治療をおすすめする理由】

北九州市小倉北区の歯医者や歯科では古くから虫歯予防や虫歯の治療に特に力を入れている北九州市小倉北区の歯医者や歯科が多い事で有名です。
北九州市小倉北区の歯医者や歯科で行われている虫歯治療は北九州市小倉北区の歯医者や歯科に通う事が出来る患者様はもちろんの事、他府県からも北九州市小倉北区の歯医者や歯科を訪れて治療を受けるほど、高い評判と支持を北九州市小倉北区の歯医者や歯科は獲得し続けています。
虫歯治療は北九州市小倉北区の歯医者や歯科で治療を受ける事をおすすめします。”

⑥プロケアとセルフケアとは

“日本の70歳代の人の残存歯数は約17本といわれています。一方、欧米の70代の人は約21本の歯があるといわれています。日本の70歳代の人の残存歯数は約半分になっているということを表します。
この差は日本人が治療に歯医者に行くのに対して欧米では予防に歯医者に行く人が多いという、歯医者に対する考え方の違いが現れているといえます。欧米では日本の逆で、治療ではなく予防に重点が置かれているという予防歯科の考え方が普及しています。北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科はそのような考え方が診療に取り入れられている北九州市小倉北区の歯医者です。
歯は削れば削るほど弱くなっていき、治療をすればするほど虫歯の再発リスクは高くなるといわれています。せっかく治療した歯なので長く、快適に活用するために、北九州市小倉北区の坂口歯科・矯正歯科は、3~6ヶ月毎の定期的なメインテナンスが効果的だと考えられている北九州市小倉北区の医者です。
北九州市小倉北区の歯医者では、予防歯科の目的は口の健康を生涯維持して美しい歯を育てることだと考えられています。小さな子どもなら、虫歯が1本もない口の環境をつくることができ、成人なら、治療した部分が再発を予防して、新たな虫歯や歯周病の進行や口臭などを防ぐことができます。
しかし、毎日歯磨きをしていても、セルフケアでは虫歯の原因のバイオフィルムやお茶・コーヒー・タバコなどの汚れは完全には取り除けません。北九州市小倉北区の歯医者では正しいセルフケアと、定期的なプロケアが将来の口腔環境を守り、自然で美しい歯を育てると考えられています。北九州市小倉北区の歯医者では歯科衛生士などによる定期的なプロケアを受けることができます。
一人一人に応じ、歯や歯ぐきの状態を診てもらって、歯磨き指導などが定期的に受けられます。
欧米では虫歯や歯周病を予防するために積極的に歯医者が活用されています。歯科医院は歯が痛くなったら行くところではなく、虫歯や歯周病にならないために、健康で美しい歯の手入れのために利用するところです。日本人と欧米人の残存歯の違いはこのような歯科医院に対する考え方の違いによってもたらされているといえます
歯は一度失うと二度と生えてきません。また、歯は削れば削るほど弱くなっていき、治療をすればするほど虫歯の再発リスクは高くなるといわれています。ずっと健康な歯でいたい場合は、歯を治療する前に、予防に努めることが大切であると北九州市小倉北区の歯医者では考えられています。

⑤ミュータンス菌とは

“人のお口の中には300から400種類の数の細菌が存在しており、細菌の全体数は歯をよく磨く人でも1000億から2000億個、歯をあまり磨かない人で4000億から6000億個、そして歯をほとんど磨かない人に至ってはおよそ1兆個もの細菌が存在しています。
お口の中にいる細菌の中には人の歯を虫歯にしてしまう虫歯菌が存在しており、虫歯菌の中でも虫歯そのものを引き起こす原因菌がミュータンス菌です。
今回は人の歯に虫歯を引き起こす虫歯菌の「ミュータンス菌」について詳しくご説明をさせていただきます。

■ミュータンス菌とは

ミュータンス菌とは、人のお口の中にひそんでいる細菌で虫歯の原因となる虫歯菌でもあります。
ミュータンス菌は人の歯のエナメル質と呼ばれる歯の表面部分に茶色いシミを作り、そのシミはやがて黒い穴になり虫歯を引き起こします。
ミュータンス菌が出す酸によりエナメル質は「脱灰(だっかい)」と呼ばれる状態となり、歯の成分であるリンやカルシウムなどが溶けてしまいスカスカになり歯に穴が開いてしまいます。
これが、虫歯が出来るメカニズムです。

■ミュータンス菌は生まれたばかりの赤ちゃんには存在していません

もともと、ミュータンス菌は生まれたばかりの人間の赤ちゃんのお口の中には存在していません。
しかし、赤ちゃんにお母さんやお父さんがキスをしたり、大人が口移しで食べ物を食べさせたり、回し飲みや食べ物をかじって分け合うなどの行為をする事で赤ちゃんのお口の中にミュータンス菌が感染し、棲みつくようになってしまいます。
この事から、虫歯はミュータンス菌による感染症の一種、と表現する事が出来ます。
以上の事実から現在お母様やお父様が赤ちゃんが3歳になるまで一切のキスや唾液がついた食べ物や飲み物を分け与えない、などミュータンス菌への感染を防ぐ努力をしている姿が見受けられますが、ミュータンス菌は3歳以降でもお口の中に感染しますので、あまり神経質になって極端に赤ちゃんをミュータンス菌から守るよりも、毎日の歯磨きをお母様が赤ちゃんに徹底して行ってあげる事の方が重要です。
ただし、「3歳までの間は出来るだけミュータンス菌の感染を防ぐ」という行為自体はお口の中を綺麗に保つ常在菌の活動を活発化してくれますので、虫歯予防には有効な手段の一つでもあります。

【北九州市小倉北区の歯医者や歯科で虫歯予防】

北九州市小倉北区の歯医者や歯科では虫歯予防に力を入れている北九州市小倉北区の歯医者や歯科が多い事で知られています。
北九州市小倉北区の歯医者や歯科で行う虫歯治療は北九州市小倉北区の歯医者や歯科に通う事が出来る患者様以外の遠方から北九州市小倉北区の歯医者や歯科治療にも対応しており、現在、北九州市小倉北区の歯医者や歯科に遠方から通い、北九州市小倉北区の歯医者や歯科で虫歯治療を受ける患者様が増えてきています。”

④歯垢(プラーク)を残しておくといけない理由

“虫歯になって歯医者を訪れる患者様の中には「なんで歯垢をいつも歯磨きで落とす必要があるのでしょうか?」という質問をされる方もいらっしゃいます。
プラークである歯垢は、虫歯の原因になるなどさまざまな症状を歯やお口に引き起こします。
この為、毎日の歯磨きでプラークをしっかりと落としておく事は非常に重要です。
今回は、「歯垢(プラーク)を残しておくといけない理由」について詳しくご説明をさせていただきます。

■歯垢(プラーク)を残しておくといけない理由

人のお口の中には300から400種類の細菌が常に生息しており、お口の中にひそんでいる細菌の数は歯をよく磨く人で1000億個前後、あまり歯を磨かない人で4000億から6000億個、そして歯をほとんど磨かない人で1兆個もの存在しています。
これらお口の中にひそんでいる細菌には「ミュータンス菌」と「ラクトバチルス菌」という虫歯菌が存在しており、これらの虫歯菌が歯に付着している歯垢をエネルギー源として活動し、ミュータンス菌が出した酸によって歯のエナメル質や象牙質など、リンやカルシウムから構成されている部分を溶かしてしまい、歯に穴が開いて虫歯が出来てしまいます。
虫歯菌であるミュータンス菌やラクトバチルス菌は歯の表面に付着しているプラークである歯垢の中に含まれる糖質をエネルギー源としてお口の中で活動していますので、歯磨きをせずにプラークを残したままにしておくとそのプラークはやがて硬くなり歯石となります。
歯石となったプラークはさらに虫歯菌であるミュータンス菌やラクトバチルス菌がひそみやすい環境となる事から、歯石になる前に毎日の歯磨きでプラークを落とす必要があります。

■糖質を含む食べ物は特に注意が必要です

虫歯菌であるミュータンス菌やラクトバチルス菌は歯の表面に付着したプラークをエネルギー源として活動していますが、これらの虫歯菌はプラークの中でも特に炭水化物であるご飯や麺類、パンや砂糖を使った甘いお菓子や清涼飲料水などに含まれている糖質をエネルギー源として活動しますので、炭水化物や砂糖など、糖質を含んだ食べ物を食べた後はかならず歯磨きをするように心がけましょう。
もちろん、糖質以外の食べ物にも少なからず糖質は含まれている事が多いので、食べ物を食べた後は歯磨きをする習慣をつけるようにするとよいでしょう。

【北九州市小倉北区の歯医者や歯科で虫歯予防】

北九州市小倉北区の歯医者や歯科では古くから虫歯予防に力を入れている北九州市小倉北区の歯医者や歯科が多い事で知られています。
北九州市小倉北区の歯医者や歯科には地元の患者様はもとより、北九州市小倉北区の歯医者や歯科以外の地域に暮らしている遠方からも北九州市小倉北区の歯医者や歯科を訪れて、北九州市小倉北区の歯医者や歯科で治療を受けるケースも少なくありません。
虫歯治療は北九州市小倉北区の歯医者や歯科がおすすめです。”

③妊婦さんが虫歯になりやすい理由

“虫歯は誰しもがなるものです。
歯をきちんと磨かない人や、遺伝で虫歯になりやすい人、お子さんやお年寄り、そして妊婦の方です。
まず、虫歯とはどうしてなるのでしょうか。
歯をきちんと磨いて、歯垢(プラーク)を落としていればそんなすぐには虫歯にはなりません。
そう、磨き残しですね。
磨き残しで歯垢が残ってしまうと、その歯垢からばい菌が繁殖し、歯を溶かしてしまい、虫歯になってしまうのです。
かといってどんなけ歯磨きがうまい人でも必ず磨き残しはあります。
歯と歯の隙間なんかは、歯が邪魔で磨けない時もあります。
歯並びの悪い方は相当苦労すると思います。
なので定期的に歯医者さんで掃除や定期検診をしてもらった方がいいんですね。
歯医者では、普段の歯磨きでは取れない固くなって歯石になったものや、歯と歯の隙間の歯垢をとってくれます。
ですが、妊婦さんは赤ちゃんに影響があるかもしれないから歯医者に行けないと思ってる方が多いと思います。
なぜ、妊婦さんは虫歯になりやすいのでしょう。
それは、まずつわりなど体がしんどいときは歯磨きなんかしてられませんよね。
相当つわりがひどい方は歯磨きなんかに気が回りません。
なのでサボりがちになってしまい、出来やすいのも一つ。
また、ホルモンバランスの変化により、虫歯菌を増殖させてしまったり、唾液がいつもよりネバネバして、細菌が活動しやすくなるためです。
これはもう仕方がないですよね。
どうすることもできませんから。
では、妊婦の時に治療してもいいものなのかという疑問がでてくると思います。
レントゲンや麻酔などは赤ちゃんに悪影響だと思われてる方が多いです。
しかし、歯科で使っているレントゲンや麻酔などは影響を及ぼすほどの力はなく安心していいものです。
レントゲンからでる放射能は微量ですし、麻酔も悪影響を及ぼしません。
なので、虫歯ができたときや痛みがでてきたときはすかさず歯医者に行き、虫歯の治療をすることをオススメします。
妊娠初期のつわりがひどいときなどは、オススメしませんが妊娠中期に入れば安定期にもなっているので治療を受けれます。
しかし、1番はやはり妊娠前にすべての虫歯を治療することをオススメします。
やはり自分の子供となれば不安にもなりますし、1番安心ですね。
あと歯周病にになった妊婦さんは早産のリスクが普通の妊婦さんより7倍もあると言われているのでしっかり歯医者さんに見てもらいましょう。
歯周病はすぐ治るというものではないので若い頃から歯医者さんで見てもらっておいたほうが安心ですね。
北九州市の小倉北区にある坂口歯科・矯正歯科は歯周病や予防歯科などきちんとやってくださるので是非いってみてください。
歯は食事をするときに必要なものですから人にとってはかけがえのないものです。
虫歯を甘くみず、歯医者に行って自分の歯を大事にしてほしいですね。”

②妊婦が虫歯になりやすい理由

“北九州市小倉北区の歯医者では、妊婦の歯科検診を行っています。しかし、北九州市小倉北区の歯医者で、こういった妊婦の歯科検診を行う際には、虫歯が見つかることが多いです。また、以前から、妊婦は虫歯になりやすい、という話を聞くことがあります。
では、妊婦が虫歯になりやすいのはなぜなのでしょうか。
まず、北九州市小倉北区の歯医者では、妊婦の方の歯科治療を行うことが多いのですが、この際には、歯に汚れが付着していることが多いです。しっかりと磨き切れていなかったり、あるいは、口の中の状態が清潔に保たれていないことが多いのです。
北九州市小倉北区の歯医者では、こういった患者さんには歯磨き指導なども行うこともあります。しかし、妊婦が虫歯になりやすいのにはほかにも原因があるといえます。
妊婦の方の場合、妊娠をすると、悪阻などがあり、歯磨きができなくなってしまう方もいらっしゃいます。また、体調不良などが原因で、口の中が汚れていてもなかなかケアをすることができなかったり、定期的に北九州市小倉北区の歯医者などで、定期的な歯科検診を受けることができなかったりします。このため、虫歯になってしまっていても気づかないことがあるのです。
また、妊娠をするとほとんどの場合、貧血になりやすく、またカルシウム不足となることが多いです。妊娠中はおなかの中の胎児に、栄養が摂られてしまいます。このため、妊娠中にはカルシウムなどの、歯を作るための栄養素が不足してしまい、そのため、歯が弱くなってしまいがちです。
北九州市小倉北区の歯医者では、定期的に妊婦の歯科検診を行っていますが、それでも虫歯になってしまっている方を見かけることも多いようです。
妊娠中は、歯を磨くことは難しいこともあると思いますが、妊娠中には、できる歯科治療も限られてきます。このため、虫歯にならないように、しっかりとケアをすることが大切です。
また、北九州市小倉北区の歯医者では、歯科検診を行っています。妊婦の歯科検診などはしっかりと受けるようにして、歯の健康を守ることが必要となります。北九州市小倉北区の歯医者では、歯科治療などを始め、さらに虫歯になりにくいような歯磨き指導をしたり、スケーリングなどを行い、その他歯周病予防なども行っています。妊娠中から、北九州市小倉北区の歯医者などに通って、定期的に歯科治療を行ったり、ケアをすることで、出産後も虫歯のない歯にすることができるといえるでしょう。”

①親知らず治療とは

“親知らずは大体18歳ごろから生え始めてくる歯であり、上下左右の奥歯のさらに奥、人の歯の中でももっとも奥に生えてくるのが特徴です。
親知らずはおおむね20歳前後には生えそろう事が多いのですが、人によっては30歳ごろまで親知らずが生えそろわないケースもまれにあります。
親知らずはお口の中でも奥歯のさらに奥に位置している為、歯磨き時の歯ブラシが届きにくく歯垢がたまりやすい事から虫歯になりやすいという特徴があります。
今回は、「親知らず治療とは」について詳しくお話をさせていただきます。

■親知らず治療とは

親知らずは日本語で「親が亡くなる年齢のころに生えてくる歯」という意味があります。
しかしこれは江戸時代ごろまでの話で、昔は50歳が平均寿命でしたので、子どもが20歳になり親知らずが生えてくるころには親はもう亡くなってしまいこの世にいない為、このような名前が親知らずにつけられました。
また、英語では親知らずは「Wisdom Teeth(智歯)」と呼ばれますが、これは20歳ごろになり大人になってゆく子どもが徐々に生きる為に必要な智恵がつき始める年齢であるから、とされています。
そんな親知らずですが、親知らずは奥歯のさらに奥、人のお口の一番奥の部分に生えてくる事から歯磨きの際にも歯ブラシが届きにくく、歯垢がたまりやすい為虫歯になりやすいという特徴があります。
この為、親知らずはいったん虫歯になってしまうとブラッシングが出来ないという理由から虫歯が悪化しがちです。
虫歯になった親知らずは患者様の希望があれば通常の虫歯治療を行うケースもありますが、現在は抜歯という方法で親知らず自体を抜いてしまう歯医者も少なくありません。

■親知らずの抜歯は「口腔外科」の担当となるケースが多い

親知らずは歯の一番奥の部分に生えており、通常の麻酔が効きにくい事から親知らずを抜歯する時には「下顎孔伝達麻酔」という下顎の奥の深い部分に麻酔注射を行ってから親知らずの抜歯を行います。
また、親知らずの抜歯は「埋伏歯」という歯茎の中に親知らずが埋まって完全に生えていない状態や、歯茎からまったく親知らずが出てこないケースがあり、このようなケースでは歯茎を切開して親知らずを取り除く外科的手術を必要とする為、親知らずの治療は「口腔外科」を標榜している歯医者で行うのが通常となっています。

【北九州市小倉北区の歯医者や歯科が親知らず治療でおすすめの理由】

親知らず治療の分野では古くから北九州市小倉北区の歯医者や歯科が高い技術で知られています。
北九州市小倉北区の歯医者や歯科は北九州市小倉北区の歯医者や歯科に通う事が出来る地元の患者様はもちろんの事、北九州市小倉北区の歯医者や歯科の地元以外の地域の患者様も多く、北九州市小倉北区の歯医者や歯科へ遠方から足を伸ばして北九州市小倉北区の歯医者や歯科で親知らずの治療を受けるケースも多いです。
親知らずの治療は北九州市小倉北区の歯医者や歯科がおすすめです。”

ホームページを公開いたしました。

ホームページを公開いたしました。